ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

OKAMOTO’Sのアドレス帳 Vol.16 八木 類(Czecho No Republic)×オカモトコウキ

0221_0103

OKAMOTO’Sのメンバーが友人はもちろん、憧れのアーティストなどをゲストに迎える対談企画第16弾。今回はCzecho No Republicのギター、シンセサイザーを担当する八木類との対談が実現した。リスナーとしての音楽に対する趣味嗜好が近い両名のクロストーク。バンド外の活動も少なくない2人が、互いのバンドの行く末に還元するものとは?

ーコウキくんと八木さんの組み合わせはけっこう意外で。

コウキ「そうかもしれないですね」

ーOKAMOTO’Sとチェコが繋がってるイメージを持ってる人はそんなに多くないと思うんですよね。

コウキ「メンバー全員と知り合いというわけではなく、八木さんだけすごい仲よくさせてもらっています。この間、小池美由さんというアイドルのシングル(『恋する二人は』)のサウンドプロデュースと作曲をする機会がありまして。そのときに八木さんに演奏面で手伝ってもらいました」

―どのように出会ったんですか?

コウキ「1年くらい前にたまたま飲み会で一緒になったのがきっかけです。バニラズ(go!go!vanillas)のメンバーと一緒に飲んでいたら、八木さんもそこに合流して、ビートルズの話でものすごく盛り上がったんですよ。そのときにバニラズの牧(達弥)くんが、『八木さんの作る曲がすごいいいんだよね』と教えてくれて。実際に聴かせてもらったら『この人、本当にビートルズが好きなんだな』と思って(笑)」

ー一緒に飲んだときはほとんどビートルズの話を?

コウキ「最初はずっとビートルズの話をしていましたね。そこからさらにビートルズとアニマル・コレクティブの話で盛り上がって。『チェコのアルバムでその2組を合わせた様な曲を作ったんだよね』と八木さんが話していて」

八木「現段階で最新作の『DREAMS』というアルバムに入ってる、タカハシ(マイ)が歌っている『ゴッホとジョン』とか『Born Again』とか」

コウキ「八木さんはギタリストであると同時にコンポーザーでもあるので。シンセなどにもすごく詳しいんです。ミュージシャンとしてすごく面白い人だなと思いまして」

―八木さんはコウキくんに会う前はOKAMOTO’Sにどういう印象を抱いてました?

八木「若いときから活動してるし、超センパイみたいな(笑)」

ー年下のパイセンみたいな。

八木「でも、今はこんなに仲良くなれそうな人がいるんだって思ってます」

コウキ「僕も珍しいです」

八木「こんなに自分の家にいたい人がいるんだと思って(笑)」

コウキ「八木さんが僕の家に遊びに来たり」

八木「2回くらい行ったかな」

ー一コウキくんの家で緒にレコード聴いたりとか?

八木「そうですね。レコードのコレクションがすごいから、ずっといたいなって思う(笑)。ビートルズの大全集みたいのもあるし」

コウキ「レコードをずっと聴いていました」

八木「あと『スパイナル・タップ』も観たよね」

コウキ「観た!」

八木「一緒にいた元踊ってばかりの国の林(宏敏)くんと3人で『スパイナル・タップ』を観て爆笑したあとにビートルズのMV集観て『ええわぁ』って言い合うみたいな」

ー完全に男の子の遊びですね。

八木「『Love Me Do』を見始めて、気づいたら『Come Together』が終わってましたね(笑)」

コウキ「普段は誰かとビートルズのMVを観ようとは思わないですもん」

ー最早OKAMOTO’Sとのメンバーとは絶対に観ないだろうしね(笑)。

コウキ「絶対に観ない(笑)」

ー八木さんもあまり外交的なほうではないですか?

八木「飲んだりはするんですけど、家に遊びに行くまでの関係にはなかなかならないですね」

コウキ「僕も自分から開いていくタイプではないですし、落ち着いて音楽の話ができたらうれしいという感じなので。ましてや人見知り。八木さんは古い音楽と新しい音楽の両方が好きなので、仲よくなれたと思うんです。自分の感覚にピッタリ合う人はなかなかいなくて。さらに一緒に仕事もできたので。そうそう、去年テーム・インパラのライブも一緒に行きました。レモン・ツイッグスなども八木さんから教えてもらって」

0221_0053

ープロデュースワークのときに八木さんに手伝ってもらうビジョンはパッと浮かんだんですか?

コウキ「そうですね。自分とはタイプの違うミュージシャンを呼んでやりたいなと思ったのも大きいです。実際に八木さんはキーボードもギターもできるし、マルチプレイヤー的な立ち位置で活躍してもらいました」

ーどういう流れで作業を進めていったんですか?

コウキ「1回僕の家に来てもらって、デモを聴いていただいてからは、ほぼお任せでした。すごくスムーズに進んでいきましたね。僕がわりと無茶な要求をしても対応してくれるんです。その対応力がすごいというか、ミュージシャンとしての懐が広いなと素直に思いました」

ー八木さんはどうでしたか?

八木「一緒に作業する感じが純粋に楽しくて。チェコの場合はそれぞれが家である程度のところまでデモを完成させて、スタジオに持ってくるパターンが多いんですけど。フレーズを耳コピするみたいなことも多くて。ひさしぶりにメンバー以外の人と一緒に制作するのがとにかく楽しかったです。『そこループっぽくていいすね』とか言いながら、ベースもちょっと弾いちゃったりして」

コウキ「僕もそういう感じで制作したのはひさしぶりで。ショウくんとはやったことがありますが、メンバー以外の人とやるのは初めてで、新鮮でした。よっぽど趣味が合ってないと『そうじゃないんだよな』ということもあったかもしれないですし」

ー事前に音楽的な共通言語を確認できたのは大きかった。

コウキ「はい。八木さんとだったら上手くいきそうだなと思ってお願いしました。楽曲自体はアイドル然としていつつも、バックのトラックはモータウンの様なニュアンスがあったりして。八木さんが昔のモータウンっぽくキーボードを弾いてくれました。カップリング(『ひとりごと』) にはビートルズを感じる部分もあったり」

八木「僕はコウキくんの仮歌が好きで。ずーっと歌ってくれて(笑)」

コウキ「歌いたかったんです(笑)。ドラムがハットリクミコさんというシナリオアートの方で、ベースがハマ(・オカモト)くんで」

ーOKAMOTO’Sは各メンバーの個人活動もどんどん活発になってきてますよね。

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy