体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニュースの「なぜ」を徹底解説!「インバウンド」――訪日外国人はなぜ急激に増えているのか?

ビジネスパーソンとして知っておきたい、ニュースの「なぜ」について詳しく解説するこのコーナー。通信社記者などを経て、現在はライターとして子ども向けの新聞などで、ニュースをわかりやすく説明している大井明子さんに、解説してもらいます。

第2回は「インバウンド」について。数年前からよく聞く言葉になった「インバウンド」。きちんと理解していますか?なぜ突然、この言葉がメディアを賑わせることになったのでしょうか?今回も徹底解説します!

大井明子(おおい・あきこ)

ワシントン大学卒業後、時事通信社に入社し、記者として警察、経済などを担当。再びの留学を決意し、米国コロンビア大学国際公共政策大学院を卒業。大手家電メーカーなどを経てライターとして独立。

f:id:k_kushida:20170301124549j:plain

3~4年ほど前から、外国人の訪日旅行を指す「インバウンド」という言葉を耳にするようになりました。突然始まったようにも見える、外国人旅行者の訪日ブーム、いつから、なぜ始まったのでしょうか?

アウトバウンドと逆転した「インバウンド」

中国人旅行者の「爆買い」が、ユーキャン新語・流行語大賞を受賞した2015年は、「45年ぶりにインバウンドがアウトバウンドを逆転した」ことがニュースになりました。それまでは、海外旅行をする日本人(アウトバウンド)の方が、日本を訪れる外国人旅行者(インバウンド)よりも多かったのですが、これが逆転したのです。

インバウンド(inbound)とは、「外から内へ」という意味の英語です。使われる業界や文脈によって意味は変わりますが、観光業界では「海外(外側)から日本(内側)に来る旅行」を指します。ちなみに対になるのはアウトバウンド(outbound)。「内から外へ」という意味で、「日本(内側)から海外(外側)に行く旅行」を指します。f:id:k_kushida:20170301115822p:plain

資料:日本政府観光局(JNTO)

統計データ(訪日外国人・出国日本人)|統計・データ|日本政府観光局(JNTO)

※1:法務省集計による外国人正規入国者から、日本を主たる居住国とする永住者等の外国人を除き、これに外国人一時上陸客等を加えて集計した。2016年の値は日本政府観光局の推計値。

※2:法務省資料による。

日本人が観光目的でパスポートを取得できるようになったのは、東京オリンピックが開催された1964年。この年は、約13万人の日本人が日本を出国しました。日本を訪れた外国人は、その2倍以上の約35万人でした。

海外旅行をする日本人の数は、日本の経済成長や円高とともに増えていきます。

戦後しばらく、為替相場は1ドル=360円という固定相場制でした。1971年に1ドル=308円に切り上げられ、この年にアウトバウンドがインバウンドを上回ります。海外に行く日本人は1972年に100万人を超えました。為替相場は1973年に、需要と供給によって為替レートが変動する、今のような変動相場制に移行します。円は上昇を続け、1970年代後半には1ドル200円台を突破。海外旅行をする日本人も右肩上がりが続き、1990年には1,000万人を超えました。1990年代後半以降は、年間の日本人出国者数は1,500万~1,700万人前後で推移するようになり、ほとんど増えなくなりました。

一方、訪日外国人旅行者は急増します。2013年には初めて1,000万人を超え、2015年には約1,974万人と前年比47.1%も増加してアウトバウンドを超えました。2016年には約2,404万人に達しました。わずか3年で2.3倍になったのです。

日本を訪れる外国人、なぜ増えた?

世界全体で見ると、日本に来る旅行者だけが増えているのではありません。海外旅行をする人全体が増えています。国連世界観光機関(UNWTO)によると、1980年に約2億7,800万人、2000年に約6億7,400万人だったのが、2016年には約12億3,500万人にまで増えています。海外旅行をする人の数は、経済成長と連動していて、経済的に豊かになると、外国に行ってみたいという欲求も高まるようです。

その中で、日本を行き先に選ぶ旅行者も増えているのです。経済が成長しているアジアの国々から、距離的に近いこと。円安が進み、多くの外国人にとって訪れやすくなっていること。電化製品や化粧品などの日本製品、日本のアニメやゲームが人気を集めていること。複数の理由が挙げられます。2013年に「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録され、和食への関心が高まっていることも後押ししています。

政府のキャンペーンも実を結びつつあります。2003年に、当時の小泉純一郎首相が「訪日外国人旅行者を1000万人に倍増させる」という目標を掲げ、国を挙げて観光に力を入れることを宣言。以来、官民を挙げて、日本を訪れる外国人旅行者を増やそうという「ビジット・ジャパン」キャンペーンを行ってきました。海外で日本を紹介するイベントを開催するなどのプロモーション活動のほか、外国人への観光ビザの発給要件緩和や免除、免税対象品の拡大や免税条件の緩和などの施策も効果を挙げています。

国連世界観光機関(UNWTO)によると、2010年に外国人が一番たくさん訪れた国はフランスで、次にアメリカ、中国と続き、日本は29位でした。それが2015年には16位にランクアップしました。

1億人以上の中国人が海外旅行

日本で急増したのが中国人旅行者です。

中国人は、昔は仕事や留学などの目的以外では、自由に海外旅行ができませんでしたが、1997年に初めて、団体での海外旅行が解禁されました。

その後、経済成長で海外旅行をする人が増えました。中国の貨幣「人民元」の価値が上がり、旅行がしやすくなったことも背景にあります。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。