体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リニューアルが好評な『キリン ファイア』 くまライター・がんばんべあが飲み比べでその秘密を徹底レビュー「Grooveが違うべあ!」[PR]

リニューアルが好評な『キリン ファイア』 くまライター・がんばんべあが飲み比べでその秘密を徹底レビュー「Grooveが違うべあ!」[PR]

“突き抜けた香ばしさ”を追求するために、“焦がし焼き豆”をブレンドしてリニューアル発売された『キリン ファイア』シリーズ。発売から70日間で2億本が販売されるヒットを記録する好評ぶりですが、その魅力はどこにあるのでしょうか。コーヒー通のくまライター・がんばんべあに主力3商品、『キリン ファイア エクストリームブレンド』『キリン ファイア 挽きたて微糖』『キリン ファイア ブラック』を徹底レビューしてもらいました(ガジェット通信編集部)

ganbanbear_fire2

僕はくまライター、がんばんべあ。メジャーデビューを目指してがんばっているミュージシャンだべあ。日頃は応援ソングを歌っているけど、元気になれる情報をみんなに届けるライターもやっているべあ。

ganbanbear_fire3

今回は、最近、飲んでいる人を本当によく見かける『キリン ファイア』の飲み比べレポートをお届けするべあ。楽曲制作の仕事で日頃からストレスが多い僕にとって、コーヒーは欠かせない相棒のような存在。果たして、『キリン ファイア』はどれほどの実力なのか、お手並み拝見!

ganbanbear_fire4

用意されたのは3種類。『キリン ファイア エクストリームブレンド』『キリン ファイア 挽きたて微糖』『キリン ファイア ブラック』。まず注目してしまうのが、缶のデザイン。ダイヤカットのキラキラと、燃え上がるロゴが熱いっ! 本当に、炎が揺らめいている感じ。オフィスで飲んでいたら、それだけで体の奥底から、やる気の炎が燃え上がってきそうだべあ!

ganbanbear_fire5

それにこの缶、持つと、ダイヤカットの感触が手に心地いい! 感触で覚えちゃう。触っているだけで、もう癖になりそうな感じ。見た目が本当にカッコイイ。

6項目で味を徹底レビュー

ganbanbear_fire6

肝心の味を飲み比べてみるべあ。今回は、日頃からコーヒーにこだわりのある僕が、独自の指標でレーダーチャートを作成するべあ。言っておくけど、僕は見た目はくまでも、中身はグルメライター。え、中身って? それはもちろん、ハートのことだべあ。とにかく、舌は肥えているべあ。指標は、「香り(香ばしさ)」「コク」「苦み」「後味のすっきり感」「コーヒー感」「Groove感」の6つだべあ。え、Groove感とは何かって? そりゃ、音楽にとって最も重要なものだべあ。とにかく興奮して、ノっちゃう感じ。考えるな、感じるべあ!

ganbanbear_fire7 ganbanbear_fire8

さて、ここからは、真面目に解説していきます。まずは、銀色ボディがカッコイイ『キリン ファイア エクストリームブレンド』(以下『エクストリームブレンド』)。缶を開けた途端、香りが鋭く立つ。缶コーヒーってこんなにコーヒーらしかった? と驚くくらい、香ばしさが鼻に来ます。『キリン ファイア』は、火にこだわって開発し続けた17年間の集大成として、コーヒー豆の“焼き”の限界に挑戦して実現した“焦がし焼き豆”をブレンドすることで力強い“香り”と“コク”を極限まで引き出すことに成功したそう。「焦がし焼き」という言葉に納得。

ganbanbear_fire9

試飲。口に含んだ瞬間、一瞬ふわっと甘い、と思ったら、キレのあるコーヒー感が一気に来る。そしてゴクリ。香ばしさとコクがすごい! これは…美味い!! それ以上の言葉が思いつかない。一気に飲んじゃいたくなるくらい美味い。そう、これがGrooveですよ! LIVEでノッてる時みたいな高揚感があって、テンションが上がってくる感覚。

1 2次のページ
タイアップストーリーの記事一覧をみる
タイアップストーリー

記者:

ニュース記事やレビュー記事とは異なる切り口で製品やサービスを訴求する、ガジェット通信の新しい記事広告プランです。クリエーターの才能や編集部スタッフのキャラクターを活用し、読み物として楽しめるエンターテインメントコンテンツとして記事を制作いたします。

ウェブサイト: http://getnews.jp/ad_pr

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。