ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

重さ7g! タッチパネルに書きやすく握りやすい『グリップタッチペン』

グリップタッチペン

トリニティは、同社ブランド『Simplism』の新製品として『Grip Touch Pen(グリップタッチペン)』を1月23日より発売します。重さはわずか7gと軽量で、握りやすく書きやすいスリムなタッチペンです。

グリップタッチペン

『グリップタッチペン』は、静電式タッチパネルを対応したスマートフォンやタブレットなどの機器に対応。ペン先に、人間の指先の硬さと設置面積の大きさに近いシリコンを使用しています。滑りがよく、タップはもちろんスライド動作にもスムーズに反応します。

グリップタッチペン(入力時)

静電式タッチパネルは、手のひらが接しても反応してしまうため、手を常にディスプレイから浮かせる必要があり、長時間の入力作業では疲れてしまいがち。『グリップタッチペン』はストレートな形状のペンとは異なり、入力時のディスプレイとの距離と握りやすい太さを考慮。最適な位置に柔らかいシリコングリップを取りつけて、手になじみやすく作られています。

グリップタッチペン

ペン全体で7gと軽量化し、重量バランスを調整。ペン先に重心を持たせることにより、グリップを握ったときに実際以上に軽やかな書き心地です。ノートなどに取り付けられるクリップ付き、カラーは、ホワイト、ブラック、グリーン、イエロー、パープルの5色、予想価格は1480円(税込み)です。
 

 

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。