ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

星飛雄馬も歌う!? 一瞬も見逃せない「新生au」のテレビCM『あたらしい自由』

星飛雄馬も歌う!? 一瞬も見逃せない「新生au」のテレビCM『あたらしい自由』

KDDIの新しいテレビCMはもう見ましたか? このCMは、「新生au」としてロゴ変更を行った同社が、新ブランドメッセージ『あたらしい自由。au』を訴求するために2012年1月21日より放送しているものです。CMキャラクターも一新して、井川遥さん、伊勢谷友介さん、剛力彩芽さんの3名を起用。アニメ『巨人の星』の主人公・星飛雄馬や今は亡き“あの人”も登場するユニークなCMに仕上がっています。

『あたらしい自由』篇は、23人の登場人物がそれぞれの「自由」を音楽に合わせて口ずさむ瞬間を切り取って構成。なかには、新CMキャラクターの3人の姿も見られます。井川遥さんは可憐な姿で「演じる自由」を、伊勢谷友介さんはヒッチハイクをしながら「旅する自由」を、剛力彩芽さんはフレッシュな笑顔で「ほほえむ自由」を表現しています。

星飛雄馬の「泣く自由」 立川談志師匠の「しゃべる自由」

そして、“不自由の象徴”であり“自由に憧れる”星飛雄馬が見出したのは「泣く自由」。両目から滝のような涙を流しながら星飛雄馬が口ずさむ「泣く自由」は、CM全体のアクセントになると同時に「自由」の意味にぐっと深みを出すことに成功しています。さらに、もうこの世にはいないビッグゲストも登場。巨匠 パブロ・ピカソの「描く自由」、昨年亡くなった立川談志師匠の「しゃべる自由」のシーンには、思わず胸がアツくなりました。ちなみにこの映像は、生前の映像に残っていた音声を重ねて作られたものだそうです。また、「歌う自由」ではシンガーソングライターの前野健太さんが出演しており、既に一部ファンの間では注目のCMとなっているようです。

音楽はシャンソンの名曲『LE MARCHAND DE BONHEUR(幸福を売る男)』。日本では、かつて越路吹雪さんが歌っていたので、おじいちゃんやおばあちゃんのほうがよく知っているかもしれません。一人ひとりの登場時間は約2~3秒ずつ、いいシーンを見逃してしまわぬようチェックしてください。スローガン、タレントを刷新した「新生au」のCMシリーズに今後も注目です。

au 新CM『あたらしい自由』篇

画像:au 新CM『あたらしい自由』篇より引用
http://www.au.kddi.com/jiyu/

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。