ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新型PSP『プレイステーション・ポータブル go』を日本・アメリカなどで今秋発売へ!

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、『プレイステーション・ポータブル(PSP)』の新モデル『PSP go(PSP-N1000)』を、北米、ヨーロッパ、アジア地域で10月1日より240ドル、249ユーロで発売する。日本での発売は11月1日から、希望小売価格は2万6800円(税込)になる(すべての写真付き記事はこちら)。


『PSP go』は、従来のUMDドライブの代わりに大容量フラッシュメモリー(16GB)を搭載。オンラインでゲームコンテンツをダウンロードして楽しむユーザーが増加するなか、さらに小型・軽量のゲーム機を持ち歩きたいというニーズの高まりに応えるポケットサイズを実現した。


本体デザインには、ディスプレイパネルを上下に動かすスライド式を採用。ディプレイパネルを開きボタン操作でゲームなどを楽しめるだけでなく、閉じたままの状態で映像・音楽の視聴、オリジナルアプリケーションの時計やカレンダーの表示をすることもできる。

ゲームを一時的に中断した状態でも、クロスメディアバー(XMB)上で各種操作が行える『PSP go』独自機能も搭載した。Bluetooth無線機能を新たに搭載したことにより、Bluetooth対応ヘッドフォン、ヘッドセットが利用できるほか、『PSP go』専用ビデオ出力ケーブルを用いてテレビ画面に映像出力をする際に、『PS3』のワイヤレスコントローラを使用して『PSP go』をリモート操作することも可能になっている。


『PSP go』の発売に向けて、『Playstation Store』はゲームのラインナップの拡充も図っていく。最新のダウンロードゲームや無料体験版、初代『プレイステーション』のタイトルを『PSP』で楽しめる『ゲームアーカイブス』のほか、ゲームの追加アイテムや映像作品など、幅広いジャンルのコンテンツをそろえていく構えだ。

『Playstation Store』の各種コンテンツは、『PSP』からの直接アクセスや『PS3』経由でのダウンロードに加えて、『PSP go』も付属するコンテンツ管理ソフトウェア『Media Go』をパソコン(PC)にインストールするとPC経由でのダウンロードや『PSP』対応ファイルをPC上で管理することもできる。また、今年秋より『PSP』版を提供開始する音楽アプリケーション『SenseMe channels』を使用すると、『Media Go』でCDなどから『PSP』に転送した楽曲をより豊かなインタフェースで視聴することも可能になる。


『PSP go』の発売に合わせて、専用クレードルの発売も予定されている。クレードルは充電だけでなく、『PSP go』をセットした状態のままで映画などの映像コンテンツを視聴することもできるという。『PSP go』の大きさはW128×H16.5×D69mm、重さは158g。色はピアノブラックとパールホワイトの2色で展開される(このニュースの元記事はこちら)。
 
 

■こんなゲームのニュースもあります
開発者に朗報! SCE『PSP』向けゲーム開発支援ツールを値下げ
『FINAL FANTASY XIV』速報! 開発スタッフ判明! PS3&PCで発売
「何度死んでも生き返る」リセット世代に送るゲーム Too Human 【XBOX 360】
海外から逆上陸!回転寿司を食べつくすシミュレーションゲーム『寿司タワーディフェンス』
会社が崩壊! 11期連続赤字もネタにする自虐的ジャレコ公式サイトが話題

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy