ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドライブシーンに合わせた音楽を自動再生するカーナビAndroidアプリ『ドライブシンクロナイザー G:O』

ドライブシーンに合わせた音楽を自動再生するカーナビAndroidアプリ『ドライブシンクロナイザー G:O』

ミックウェアは、Androidスマートフォン向けカーナビアプリ『ドライブシンクロナイザー G:O(ジオ)』を『Androidマーケット』で公開しました。通常のカーナビ機能はもちろんのこと、ドライブ中の状況や時間帯に合わせて音楽を自動再生する『ドライブ・シンクロナイザー』の機能を搭載するのが特徴です。

『高速道路略図』の表示

音声案内、交差点レーン案内、オートリルート、優先順位をつけたルート選択、交差点や高速分岐の3Dイラスト表示など、ナビゲーション機能は市販のカーナビとほぼ同等。画面四隅のボタンが、利用している機能に応じて入れ替わるインタフェースを採用しているため、運転中でもスマートフォンのタッチパネルで直感的に操作できます。地図画面は、高速道路では通過するインターチェンジや料金所をリスト表示する『高速道路略図』に、交差点では拡大画面になど、場面に応じて最適な表示に切り替わる仕組み。

『ドライブ・シンクロナイザー』は、GPSを受信して走行場所や運転状況、時間帯から分類した12種類のシーンに合わせて音楽を自動で選択、再生。ドライブの開始で気分を盛り上げ、一般道の走行はおだやかな音楽、高速道路ではアゲアゲの音楽、トンネルに入ったら静かな音楽、一般道に戻ったら再びおだやかな音楽、日が暮れてきたらムーディーな音楽、目的地が近づいたらノスタルジックな音楽と、状況に応じた音楽を楽しめます。音楽はアプリに収録した28曲のデータを利用できるほか、自分の好きな音楽や効果音を12種類のシーン別フォルダに取り込んで使うこともできます。

地図データはカーナビ向け地図でトップシェアのトヨタマップマスター製のものを採用。利用するエリアのデータを端末にダウンロードするオフライン式なので、電波状況の悪い地域でも利用できます。

年間の利用料金は2600円(税込み)。提供開始を記念して、1000ダウンロードまで100円(税込み)で提供するキャンペーンを実施しています。

『ドライブシンクロナイザー G:O』(Androidマーケット)
『ドライブシンクロナイザー G:O』公式サイト
http://www.micware.co.jp/Products/2012/go/index.html

カーナビシステムと連動した音楽再生機能[ドライブシンクロナイザー](YouTube)
http://youtu.be/z8eQXojyGcY


shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy