ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ユーザー提案の商品化プロジェクトで『はやぶさ』の『レゴ』が発売決定

ユーザー提案の商品化プロジェクトで『はやぶさ』の『レゴ』が発売決定

レゴ社が公認し、ユーザーが提案した製品を商品化するウェブサイト『LEGO CUUSOO』で、小惑星探査機『はやぶさ』の商品化が決定しました。3月1日に発売し、価格は6615円(税込み)です。

『LEGO CUUSOO』は、日本のCUUSOO SYSTEMが運営するウェブサイト。レゴ本社に公認を受け、ユーザーが提案した商品化プロジェクトに1000人のサポーターを集めると商品化が決定するというユニークなサービスを提供しています。第1弾製品は『しんかい6500』で、『はやぶさ』は第2弾。

JAXA(独立行政法人 宇宙航空研究開発機構)監修のもと、レゴ本社のデザイナーがイオンエンジン、小惑星探査ローバー『ミネルバ』、サンプラーホーン、再突入カプセル、太陽電池パッドといった主要部品を『レゴ』で再現しています。惑星イトカワの表面を一部再現したセットや、『はやぶさ』プロジェクトマネージャーの川口淳一郎氏の『レゴ』フィギュア、90ページ以上のブックレットが付属するなど、マニア心をくすぐる仕様。全369ピースで、完成モデルは約W30×D18×H23cmのサイズになるとのこと。

ちなみに第3弾ではインディーズゲーム『Minecraft』が決定しているほか、提案中のプロジェクトには『レゴ』ブロックを造形する『Lego 3D Printer』があるなど、ちょっと目が離せない展開になっています。サービスのグローバル展開に伴い、商品化に必要なサポーター数が現在では1万人に設定されていますが、プロジェクトのサポーターになりたい方、新しいプロジェクトを提案してみたい方は『LEGO CUUSOO』をチェックしてみることをオススメします。

『LEGO CUUSOO』

『LEGO CUUSOO』
http://lego.cuusoo.com/

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。