ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

店内全てらくがきOK!今年は“FACTORY(工場)”がテーマ


子どものころに自由な気持ちで、壁をキャンバスに見立ててお絵かきした体験はないだろうか。そんな童心を思い出せるような自由なカフェが、今年も登場する。

2月4日(土)~3月31日(金)の期間限定でオープンする『GINZA RAKUGAKI Café & Bar by Pentel』は、今回3回目の開催となるイベント。くれよんや絵の具を販売する『ぺんてる』が企画する“らくがきできる”カフェだ。


今年の『GINZA RAKUGAKI Café & Bar by Pentel』のテーマは“RAKUGAKI FACTORY”。らくがきできる店内は工場がモチーフの内装で、テーブル、椅子、壁、床、柱のどこにでもらくがきOK!普通ならためらってしまいそうな清潔感ある白い研究デスクや研究用の書籍にも、もちろんらくがきすることができる。

『ぺんてる』が提唱するのは、感じるままに頭の中の考えやイメージを表現できる道具を使い、一番身近な表現方法である“らくがき”を通して、思い存分、表現する楽しさを体験してもらうこと。


また、『ぺんてる』らしい、らくがきを楽しめるフードやパステルカラーのドリンクなど豊富なメニューも用意する。ほかの人が描いたらくがきを楽しく見ながらカフェメニューを楽しんだり、らくがきに夢中になった後の一休みに注文してもよい。

大人になった今、『GINZA RAKUGAKI Café & Bar by Pentel』で“らくがき”をすることで、子どものころの気持ちを思い出し、表現する楽しさを思い起こしてみない?

■『GINZA RAKUGAKI Café & Bar by Pentel』
住所:東京都中央区銀座5-6-5 NOCO 7F

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。