ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京都「白熱電球2個をLED電球1個と無償交換する」→ネット民「100円ショップで買ってきて交換すれば儲かるぞ!」

tominfirst

東京都が発表した新年度予算案の中に盛り込まれた新たな事業が、利に聡いネット民の間で「錬金術ができそうだ」と話題になっている。

その新事業とは、利用中の白熱電球2個を電器店に持ち込むと、LED電球1個と無料で交換するというもの。100万個分のLED電球と交換してもらうために18億円を充てるという。

これを聞いた人たちは、「100円ショップで売っている白熱電球2つをLED電球に交換してもらってオークションで売れば儲かるんじゃね?」と大騒ぎ。調べてみると、確かに100円ショップでは2個100円(税込み108円)の白熱電球が売られている。そして一般家庭でよく使われている60W相当のボール型LED電球は1000円前後からすることがわかった。このバカにできない差額を目当てに“商売”を始めようとする輩が出てきてもおかしくない。

この問題について東京都の地球環境エネルギー部に話を聞いてみたところ、「基本的には使用中の白熱電球2つとの交換を想定している」とし、「そのような不正防止の観点も含め、具体的な交換方法についてはこれから検討していく」ということだった。省エネ促進とCO2の削減を意識した小池知事も、ネット民のたくましい転売精神にまでは意識が及ばなかったか。

画像引用:http://www.civillink.net/esozai/download/1853.html#a1[リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。