体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自由すぎるサラリーマン、誕生。でも実は「自由はめんどくさい」――楽天“自由すぎるサラリーマン”仲山進也さんの「奇跡のキャリアプラン」

日本最大級のネットショッピングモール「楽天市場」を運営している楽天株式会社に「自由すぎるサラリーマン」と呼ばれている社員がいるのをご存知だろうか。

楽天の正社員でありながら、出社の義務がない勤怠フリーかつ、楽天以外に仕事をしてもいい兼業フリーで、実際に「仲山考材」というご自分の会社も経営し、さらには横浜Fマリノスとプロ契約をしている。そんな規格外の働き方を実現しているのが仲山進也さん(43歳)だ。

仲山さんはどのようにして「自由すぎるサラリーマン」になったのか。前回は、楽天に転職してからの「自由すぎるサラリーマン」になるきっかけとなった“大きな転機”である「部長白旗宣言」についてを中心に語っていただいた。

今回は、徐々に通常のサラリーマンでなくなっていった経緯と、ついに「自由すぎるサラリーマン」になった理由について語っていただきます。自由すぎるサラリーマン、誕生。でも実は「自由はめんどくさい」 仲山進也氏

【プロフィール】

仲山進也(なかやま しんや)

1973年北海道旭川生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。シャープを経て、楽天へ。初代ECコンサルタントであり、楽天市場の最古参スタッフ。2000年に「楽天大学」を設立。楽天が20人から1万人の組織に成長するまでの経験をもとに人・チーム・企業の成長法則を体系化、社内外で「自走型人材・自走型組織」の成長を支援している。2004年、Jリーグ「ヴィッセル神戸」の経営に参画。2007年に楽天で唯一のフェロー風正社員(兼業フリー・勤怠フリーの正社員)となり、2008年には仲山考材を設立、オンライン私塾やEコマース実践コミュニティ「次世代ECアイデアジャングル」を主宰している。2016年からJリーグ「横浜Fマリノス」でプロ契約スタッフ。著書に『あの会社はなぜ「違い」を生み出し続けられるのか 13のコラボ事例に学ぶ「共創価値のつくり方」』『あのお店はなぜ消耗戦を抜け出せたのか ネット時代の老舗に学ぶ「戦わないマーケティング」』(ともに宣伝会議)、『今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則 『ジャイアントキリング』の流儀』(講談社)など。

Facebook

「非公式お手伝い」としてヴィッセル神戸へ

──仲山さんは2004年にJ1リーグのプロサッカークラブ「ヴィッセル神戸」へ出向していますが、この経緯は?

2003年くらいになるとEコマースの伸びが加速して、楽天市場で売り上げを伸ばす必勝パターンのようなものが確立されてきました。店長さんもそれさえやっていればいいというムードになったので、逆に僕はあんまりやることがなくなって退屈だなと感じていました。

そんな時、テレビで三木谷さんがヴィッセル神戸のオーナーになったというニュースを見て、サッカー好きな僕としては衝撃を受けたわけです。たまたまその直後に社内の合宿があって、たまたま晩ご飯のときに三木谷さんが目の前の席に座ったので、手を挙げながら、「はい! サッカー好きです! 神戸、神戸!」と片言のような日本語でアピールしてみました。当時ヴィッセル神戸は、三木谷さん個人の会社が出資していたので、楽天とは資本関係はありません。なので「楽天からは誰もやらないよ」と言われて終わりました。

ザンネン…と思っていたら、2週間後に社長秘書から内線がかかってきて「三木谷さんがお呼びです」と。行くと三木谷さんがめっちゃニヤニヤしながら「君の願いを叶えてあげよう(笑)。明日から神戸行って手伝ってきて。1〜2ヵ月くらいかな」と言ったんです。先ほどお話ししたように時間的に余裕ができた頃だったので、本当に翌日から行けてしまいました(笑)。この一件で「空白ができると新しいものが入ってきて埋まるのだな」とか「大きな仕事が入ってきてほしいときは、大きい空白をつくっておくといいんだな」と学びましたね。

というわけで、2004年2月、シーズン開幕まであと1ヵ月というタイミングでヴィッセル神戸へ着任したのですが、楽天として人事発令が出るわけでもないので、出向というか「非公式お手伝い」というナゾの立ち位置です。フロントの皆さんからの「よくわかんない人が楽天から来た」というアウェイな雰囲気の視線を感じつつのスタートでした。どんな仕事をするかも決まっていないし、みんな新体制での開幕準備で忙しそうで話しかけにくいので、自分なりに何かできそうなことはないかと社内を見回したら、ユニフォームやオフィシャルグッズがありました。「売れるものがあるならネットで売れるところを知ってるな」と思い、楽天市場の出店資料請求ページから普通にエントリーしてみました。届いた出店申込書を書いて、「これヴィッセルの三木谷さんから楽天の三木谷さんへの書類、三木谷 to三木谷だ(笑)」とか思いながらFAXを送りました。

それで開幕戦に間に合うように大急ぎで楽天ショップを立ち上げて、グッズ担当のスタッフに店長になってもらって、一緒に店舗運営をやり始めました。それと並行して楽天の仕事もしていたので、神戸と東京を行ったり来たりしていました。当初は「(ヴィッセルでの勤務は)1〜2ヵ月くらいかな」と言われていたのですが、結局、1年のシーズンが終わるまで続いたんです。でもこの1年があったことによって、僕が楽天オフィスにいなくても誰も困らないという状態が確立されました。今思えば、部長白旗宣言に次ぐ、「自由すぎるサラリーマン」への第二の布石になった気がします。

新しい仕事をムチャ振りされる

Jリーグの2004年シーズンが終わった11月末、楽天の本社に行った時に、役員から「出店者さん向けに1月から紙の月刊誌を創刊することになった話、聞いた?」と言われました。「いえ初耳です。1月からって早過ぎですね。この年末の忙しいときに誰がやるんですか、かわいそうに…」と聞いたら、「でしょ。みんな年末忙しいから、仲山お願い。よろしくね!」と言われました。もはや「いつものパターン」です(笑)。その結果、ヴィッセル神戸に行ける時間もなくなり、自然消滅的にサッカーの仕事は終わってしまいました。続ける気マンマンだったのに…(涙)。

2005年は試行錯誤しながら月刊誌の編集を1年間やりました。店長さんたちとのつながりのおかげで多大な協力を得ることができて、激しい業務量ながらも楽しい仕事でした。その翌年はまたしても新しい仕事が突然降ってきました。オフィスで「どうしよう、どうしよう」と頭を抱えている人たちがいたので話を聞いてみると、「今年の新卒が60人も配属されるんだけど、研修どうしよう」と。当時、業績拡大により、2004年は3人だった新卒が、2005年は30人、2006年は60人と急激に増えて、「去年のやり方」が全く通用しない事態になっていました。そこでまたしても「仲山、よろしく」と(笑)。研修が始まる2週間ほど前でした。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。