ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アンダーワールド『T2 トレインスポッティング』公開を記念して超限定12インチのリリースを発表

アンダーワールド『T2 トレインスポッティング』公開を記念して超限定12インチのリリースを発表

 90年代ポップ・カルチャーの代名詞で社会現象まで引き起こした映画『トレインスポッティング』。2017年4月8日に公開となるその続編『T2 トレインスポッティング』で、アンダーワールドのメンバー、リック・スミスが映画全体の音楽を担当しているが、これを記念してアンダーワールドが超限定12インチを公式サイトのみでリリースすることを発表した。

 本作には、前作のエンディングで起用され、アンダーワールドが一躍世界的アーティストへと飛躍するきっかけとなった名曲「Born Slippy NUXX」の最新ヴァージョンで、続編の中でも実際に使用されるという「Long Slow Slippy」、そして昨年リリースされたアルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』以来の新曲となり、この12インチでしか聴くことのできない「Eventually But」の2曲が収録される。

 さらに、オリジナル・サウンドトラックに3曲提供しているヤング・ファーザーズが、その中から初出しとなる新曲「Only God Knows ft. Leith Congregational Choir」を公開(http://bit.ly/2jPMjDz)。ヤング・ファーザーズと映画の原作者であるアーヴィン・ウェルシュは、2015年にウェルシュが自身と彼らの地元であるエジンバラのクリエイターについて描いたドキュメンタリー番組をきっかけに出会い、今回の大抜擢につながった。『T2 トレインスポッティング』の中には計6曲が起用されている。

◎公開情報
映画『T2 トレインスポッティング』
2017年4月8日(土)丸の内ピカデリーほかにてロードショー
監督:ダニー・ボイル 脚本:ジョン・ホッジ
出演:ユアン・マクレガー/ユエン・ブレムナー/ジョニー・リー・ミラー/ロバート・カーライル

関連記事リンク(外部サイト)

『トレスポ』20年ぶりに集結、ユアン・マクレガー「これはいける」と続編に手ごたえ
『T2 トレインスポッティング』の日本公開が2017年4月に決定
『トレインスポッティング2』の予告編が公開、アンダーワールドのリックが映画音楽を担当

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。