体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2016年版】SUUMOジャーナル人気記事ランキング

【2016年版】SUUMOジャーナル人気記事ランキング

SUUMOジャーナルでは2016年も住まいや暮らしに関する情報をお伝えしてきました。その記事本数は取材記事が602本、ニュースが1922本、合計2524本にのぼります。そんな1年を振り返るべく、2016年に公開したすべての記事の中から、2016年1月1日~2016年12月31日までの間でPV数を多く獲得した記事TOP20をランキング形式で紹介します!

トップ10のうち半分を片付けについての記事が占める結果に

TOP10はこちらの記事となりました!

第1位:「住みたい街」のトップがついに交代!「恵比寿」が首位に

第2位:「2016年住みたい街ランキング」関西のトップは4年連続、西宮北口

第3位:スッキリ暮らす[1] 1年半かけて汚部屋を卒業、池田暁子さん

第4位:スッキリ暮らす[2] 物はなくても何とかなる、門倉多仁亜さん

第5位:なぜ、今「小屋」? 無印良品がMUJI HUTをつくったわけ

第6位:住宅ローン控除って、実際いくら戻ってくるの?

第7位:スッキリ暮らす[4] 小さな家でも「持ちたい物は持つ」、さいとうきいさん

第8位:狭くても快適に[1] 秘訣は「あえて収納家具を置かない」こと

第9位:『1週間で8割捨てる技術』で、あなたも捨てられるようになる!

第10位:スッキリ暮らす[3] 「持たない暮らし」が快適、佐々木典士さん

※対象記事:2016年1月1日~2016年12月31日までに公開された記事

※集計期間:2016年1月1日~2016年12月31日のPV数の多い順

住みたい街ランキングの記事が1位、2位を独占

ここからは、TOP10にランクインした記事を一部引用しながら紹介していきます。

●第1位 「住みたい街」のトップがついに交代!「恵比寿」が首位に

(2016年3月9日掲載)写真:iStock / thinkstock

写真:iStock / thinkstock

リクルート住まいカンパニーが実施している「2016年版 みんなが選んだ住みたい街ランキング 関東版」

の結果を紹介。2016年の結果では5年連続1位の王者「吉祥寺」が2位になるという波乱が起きました。結論から言うと、「吉祥寺」を抜いて首位に躍り出たのは、昨年まで3年連続2位の「恵比寿」だ。

恵比寿が昨年から大きく得点を伸ばし、最強2トップの順位が入れ替わった。

●第2位 「2016年住みたい街ランキング」関西のトップは4年連続、西宮北口

(2016年3月25日掲載)写真撮影/井村幸治

写真撮影/井村幸治

第1位の関東版の住みたい街ランキングの記事に続き、関西版の住みたい街ランキングの結果を紹介した記事が2位となりました。「住みたい街」ランキング1位は「西宮北口」、2位は「梅田」。なんと、このワンツーの顔ぶれは4年連続で、得点も3位以下を大きく引き離しており盤石の構えだ。3位以下は混戦模様だが、阪急神戸線から4駅、地下鉄御堂筋線(北大阪急行線を含む)から5駅がトップ10入りしており、相変わらずこの2路線の人気が高い。

●第3位 スッキリ暮らす[1] 1年半かけて汚部屋を卒業、池田暁子さん

(2016年2月5日掲載)イラスト/池田暁子さん

イラスト/池田暁子さん

この記事は全5本でお届けした『【連載】モノを減らしてスッキリ暮らす』の1本目。片付けたいのになかなか片付けられないといういう人に向けて、スッキリライフを送っている方にモノの処分の実践方法や心の移り変わりについて伺った連載です。イラストレーターの池田暁子(きょうこ)さんに「必要な物がすぐに取り出せる」スッキリライフを手に入れるまでをかわいいイラストを交えて教えてもらいました。こうして多くの物の処分を実行した池田さんですが、「物を減らすことや捨てることはとても大切ですが、片づけにおいて一番大切なことは必要な物を取り出しやすい定位置に置くこと。すべての物に置き場所を決めて、使ったら戻すこと、はみ出ることのないよう時折物を見直すことが重要」と話します。

●第4位 スッキリ暮らす[2] 物はなくても何とかなる、門倉多仁亜さん

(2016年2月12日掲載)写真/飯田照明

写真/飯田照明

第3位に続き、『【連載】モノを減らしてスッキリ暮らす』の2本目がランクイン。料理研究家の門倉多仁亜さんに限りある空間でスッキリを持続させるコツを教えてもらいました。「スッキリ空間で暮らしたいのなら、持ち物は『この家の広さに収まる量しか持たない』と決めましょう。優先すべきなのは物ではなく、ゆとりある空間とそこで過ごす心地よい時間です」とタニアさんは断言します。

物があると、それを保管する場所が必要になり、整理する手間も時間もかかります。いらないだろうと思える物を処分すれば、その分、空間にゆとりが生まれ、時間も増えることになります。

●第5位 なぜ、今「小屋」? 無印良品がMUJI HUTをつくったわけ

(2016年1月18日掲載)画像提供/無印良品
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。