体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2017年は「北北西」! 恵方巻きを作って思いっきりかぶりつこう! 【恵方巻きレシピ5選】

その年ごとに変わる「恵方」を向いて食べると縁起が良いとされている「恵方巻き」。もともとは大阪を中心に行われていましたが、最近ではコンビニやスーパーなどでも販売されており全国的にも有名な行事となってきています。お手軽に買ってきてもいいですが、せっかくなら自分好みの恵方巻きを作って思いっきりかぶりついてみませんか?ベーシックな恵方巻きからアレンジの効いた恵方巻きまで、様々な恵方巻きレシピをご紹介しますよ! 今年の節分は2月3日(金)。豆まきと一緒に恵方巻きも食べて福を取り込もう♪Fe880f3b ff8b 4264 99c6 37546e0bc9a5

本格派の挑戦求む!7つの具材を全部手作りで楽しむ、本格恵方巻きレシピ

27657c2f afb1 46e2 b530 993b036f743e

7つの具材をひとつひとつ手作りするとっても丁寧な恵方巻きのレシピです。全部手作りなので正直時間はかかります…でも食べた時の感動はひとしお!1本で大満足の驚くほどおいしいご馳走になりますよ。せっかく作るなら全部手作りしてみたい、本格派の方へおすすめのレシピです。

このレシピを作った先生

オカズデザイン(料理研究家)

恵方巻き

恵方巻き

市販もうまく取り入れよう。7つの具材で開運・招福を目指す!恵方巻きレシピ

Adb9177b 8a8d 4fef 9fc3 908ea1a1d3ce

7つの具材を巻き込んだ、福がたっぷりの恵方巻きのレシピです。市販の具材を上手に使えば、ベーシックなのにお手軽♪ひと手間ですが、卵焼きはぜひ自家製で作ってみてくださいね。

7つの具材で開運!基本の恵方巻き

7つの具材で開運!基本の恵方巻き

このレシピを作った先生

小林まさみ(料理研究家)

海鮮が食べたいならコレ!スモークサーモンとチーズでちょっと洋風恵方巻きレシピ

4e952260 9f41 43b6 851f f7ea40346d8c

手軽に揃うだけでなく、簡単な調理で作った食材を使って作れる恵方巻きのレシピです。女性にも大人気のスモークサーモンとチーズを入れて洋風にアレンジ♪細めに巻くので女性やお子様でも食べきりやすいサイズですよ!

スモークサーモンとチーズの恵方巻き

スモークサーモンとチーズの恵方巻き

このレシピを作った先生

本田よう一(料理研究家)

食卓のヒーロー、唐揚げを巻いちゃえ!市販の唐揚げでお手軽に作れる恵方巻きレシピ

8f4a8860 4f47 425f ba3f f19774764d6d

本来の恵方巻きからは外れていますが(笑)こんな太巻き寿司はいかがでしょうか?やっぱり唐揚げが好き!そんな方にオススメのボリューム満点レシピです。市販の唐揚げで作るレシピなのでお手軽なのもいいですね!唐揚げファンのみならず、食べ盛りの子どもにもGOOD。

市販の唐揚げで!チキン南蛮の太巻き寿司

市販の唐揚げで!チキン南蛮の太巻き寿司

このレシピを作った先生

小林まさみ(料理研究家)

嫌いな人なんているのかな?ツナとポテトの変り種具材で作る海苔巻レシピ

16ac148a 03f0 4a91 ba4c cc9051a63d68

変り種を作るならとことんまでいっちゃいましょう!ごま油をきかせたごはんで作る韓国風のり巻きのレシピはどうでしょう。甘辛く煮たツナポテト、卵、ほうれん草を具に使うので、子どもも大人も食べやすいですよ。冷えてもおいしいので、レッツチャレンジ!

甘辛ツナポテトの韓国風のり巻き

甘辛ツナポテトの韓国風のり巻き

このレシピを作った先生

井上かなえ(料理研究家)

おわりに

本格派からお手軽、変り種レシピまで5種類のレシピをご紹介しました。ちょっとしたイベントが食卓にあるとそれだけで楽しい食事になりますね。今年の節分は2月3日(金)。北北西ってどっちかなぁ?なんて会話を楽しみながら、恵方巻きを作って食べてみてくださいね!

関連記事リンク(外部サイト)

【なんと!具は無しが正解!】かんたんなのに思わず見惚れる☆オシャレ料理~vol.5
【材料たったの2つ!】かんたんなのに思わず見惚れる☆オシャレ料理~vol.4
【え?切って混ぜるだけ?!】かんたんなのに思わず見惚れる☆オシャレ料理~vol.3

ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。