ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 私たちの終わらない夏 『テキサスタワー』
  • 3D映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』をより楽しく観るための予備知識
  • 真っ赤な学ランでふてぶてしい態度! 現代の殿様『偉大なる、しゅららぼん』淡十郎の強烈キャラに注目
  • 【動画】映画『デッドプール2』、トレーラーで『ボブの絵画教室』のパロディ映像を公開
  • 【今週公開のコワイ映画】2016/6/3号:清水崇が仕掛ける4DX専用ホラー『雨女』[ホラー通信]
  • 映画『スリー☆ポイント』山本政志監督×蒼井そらトークショーレポート「からみシーンは監督・演出“蒼井そら”」
  • ロメロ・オールナイトと『ソウ』シリーズイッキ見“同ソウ会”が同日開催! 東京国際映画祭2017、どっちを観る?[ホラー通信]
  • 【今週のDVD&BD】『猿の惑星』『ジャージー・ボーイズ』から戦慄の実話ホラーまで大充実!
  • 【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(4月7日付)
  • タイッサ・ファーミガが妖艶すぎる! 2014年秋公開『記憶探偵と鍵のかかった少女』の小道具が秀逸 [オタ女]
  • オスカー受賞のドキュメンタリー映画『アンディフィーテッド 栄光の勝利』が長編映画化へ
  • 女優・のんが『映画秘宝』で新連載を開始! ワンダーウーマンに扮した本誌未公開カットが到着
  • 【動画】映画『グランド・イリュージョン』続編、ダニエル・ラドクリフが出演する予告映像を公開
  • 【神サービス確定】『シビル・ウォー』を含むマーベル映画11作品が『Hulu』で配信決定!
  • 『龍三と七人の子分たち』北野武監督インタビュー「寂しさや悲しさがあって笑いは倍増する」
  • スピルバーグの映画『Ready Player One(原題)』に、ドラマ『シリコンバレー』のT・J・ミラーが出演へ

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

PM2.5の状況もリアルタイムに把握!小型デバイス「Flow」はCESで受賞歴も

Flow中国をはじめ、大気汚染は世界中で深刻な問題となりつつある。大気汚染による呼吸器系などの疾患に苦しむ人の数は増加するばかりだ。

そこでフランスのスタートアップ「Plum labs」が開発したのは、携帯タイプの大気モニター「Flow」。どのような有害物質がどれくらい大気に含まれているかをリアルタイムに把握でき、汚染されたエリアの回避にも役立てられるというものだ。

・PM2.5や二酸化窒素をモニター

Flowは、専用アプリとセットで使う。モニターデバイスにはいくつもの小さな穴があいていて、そこから空気を取り込み、センサーで分析される。

Flow3チェックできる項目は、中国からの流入が日本でも問題になっている粒子状物質(PM2.5)に加え、二酸化窒素、オゾン、揮発性有機化合物など。

データはアプリ(iOS、Android)に送られ、ユーザーはそこで汚染状況をできる仕組みだ。

・ひどい汚染でアラート

大気汚染モニターのデバイスはほかにもあるが、Flowは汚染された大気をいかに回避するかに重点が置かれていることが特徴だ。

例えば、アプリでは大気汚染状況に応じてアラートを発するように設定でき、また汚染がひどいエリアを避けたルートをアプリが案内したりする。

Flow2・データ集約しマップ作成や汚染予報

加えて、ユーザーによるコミュニティも用意されていて、ここでは各ユーザーのデバイスがとらえたデータがクラウドに集められる。

これにより、マップでリアルタイムに空気の清浄度をチェックできるだけでなく、大気汚染の予測も参考にしながら汚染した空気への暴露を最小限に抑えるのに活用できる。

日常生活、そして旅行時にも活躍しそうなFlowは、このほど米国で開かれた家電見本市CES 2017でイノベーション賞を獲得。間もなく製品化される見込みだ。

Flow

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。