ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あの人のお宅拝見[1] 編集者・石川次郎さんのセカンドハウス(前編)

あの人のお宅拝見[1] 編集者・石川次郎さんのセカンドハウス(前編)

イタリア・ミラノ取材でご一緒して以来、石川次郎さんの人間力に引きつけられた筆者。『POPEYE』『BRUTUS』など人気雑誌を創刊した編集長である大先輩、そして75歳今なおバリバリの現役で活躍する次郎さんの住まい観をお宅で聞いてみたかった。そんな依頼に返って来た返事が「自宅は妻の城なので、僕のセカンドハウスはどう?」。うれしいお誘いに、編集部と富士山に向かって車を走らせた。連載【あの人のお宅拝見】

住宅業界にかかわって25年以上のジャーナリストVivien藤井が、暮らしを楽しむ達人のお住まいを訪問。住生活にまつわるお話を伺いながら、住まいを、そして人生を豊かにするヒントを探ります。

「富士山とはいろんな縁があるんだ」次郎’sセカンドハウスin山梨

われわれ一行が車で東京を出発してからおよそ1時間、目の前にドーンと富士山が現れて皆胸が躍る。そんなプロセスから、セカンドハウスを持つ意義を考えさせられる道中。【画像1】中央高速を走る車から見えた、雲の上に富士山。今日はイイ日になりそう!(写真撮影/Vivien藤井)

【画像1】中央高速を走る車から見えた、雲の上に富士山。今日はイイ日になりそう!(写真撮影/Vivien藤井)

現地で待ち合わせた次郎さんは「うどんを食べてから行こう」と、行きつけの吉田うどんのお店に連れて行ってくださった。食にもこだわる次郎さんは「まず冷やしを食べて。次に、温かいのと食べ比べてみて!」と。【画像2】「今や有名店になってしまったけど、昔は古い民家で雰囲気があったんだよ」と、2杯目の温かい肉天うどんを食べる次郎さん(写真撮影/片山貴博) 【画像2】「今や有名店になってしまったけど、昔は古い民家で雰囲気があったんだよ」と、2杯目の温かい肉天うどんを食べる次郎さん(写真撮影/片山貴博)【画像3】七味唐辛子とごま油を混ぜた調味料を入れるとさらにおいしい。たくさん入れるのが次郎さんのおすすめ(写真撮影/片山貴博)

【画像3】七味唐辛子とごま油を混ぜた調味料を入れるとさらにおいしい。たくさん入れるのが次郎さんのおすすめ(写真撮影/片山貴博)

えっ、うどんを2杯!? と驚きながらも、ペロリと頂けるおいしさ……。次郎さんのペースに、編集部若者たちも巻き込まれている(この食欲が、バリバリ現役75歳の源か?)

なぜ、セカンドハウスを河口湖界隈で持つことになったのか?

「僕は富士山といろいろ縁があってね(笑)母が夢で見たらしいの。僕が生まれるとき、富士山の頂上で南次郎大将(大日本帝国陸軍)が日の丸の旗を振っている姿を。だから名前も次郎」、入学した都立高校やテニスクラブの名前も偶然“富士”絡みらしい。

「ここを購入したのは約20年前、リゾート開発の仕事なんかで富士方面に通っているときに、友人のアルフレックスジャパンの保科社長(当時)が手掛けた物件が売りに出て。やっぱり富士山の縁だね」

店を出て、少し車を走らせると別荘地らしい木立ちが見えてきた。【画像4】冬が訪れる前の、静かで穏やかな日だった(写真撮影/片山貴博) 【画像4】冬が訪れる前の、静かで穏やかな日だった(写真撮影/片山貴博)【画像5】赤いゲートを抜けると、中は大きな敷地、テニスコートもある16軒の集合住宅型別荘(写真撮影/片山貴博)

【画像5】赤いゲートを抜けると、中は大きな敷地、テニスコートもある16軒の集合住宅型別荘(写真撮影/片山貴博)

「戸建別荘も結構見て検討したけどね、やっぱり管理面では集合住宅が楽でいいよ」と、中へ案内してくれた。

好きなものだけに囲まれて過ごす、心地良さ

玄関ドアを開けると、全面ガラスの内ドアがもう一枚。その正面から、木々の緑が日差しと共に迎え入れてくれるドラマチックなエントランスデザイン!【画像6】イタリアから輸入された建具や自然素材が多く使われている。床はテラコッタ、床暖房が気持ちいい季節(写真撮影/片山貴博) 【画像6】イタリアから輸入された建具や自然素材が多く使われている。床はテラコッタ、床暖房が気持ちいい季節(写真撮影/片山貴博)【画像7】室内側から見ると、こんなに広い玄関スペース(写真撮影/Vivien藤井)

【画像7】室内側から見ると、こんなに広い玄関スペース(写真撮影/Vivien藤井)

リビングルームは玄関から半階下のスキップフロアになっていて、広大な林を背にした裏庭に面している。【画像 8】「家具はほとんどオフィスで使っていたのを持ってきた程度」。アルフレックス社のソファに落ち着いた間接照明、暖炉もあるリビングルーム(写真撮影/片山貴博)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。