体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“夫婦でユニットを組む”働き方とは

f:id:kensukesuzuki:20170116141134j:plain

結婚後も、夫婦ともに働きつづける人たちが増えています。子どもが生まれると幸せとともに予想外の事態も増えて、多くのカップルが日々大忙し。同時にキャリアアップを目指したい、仕事にもっと時間をかけたいという気持ちとの板挟みも…。そんな毎日にはお互いの思いやりや協力体制が大切ですが、女性に負担がかかりすぎているとか、イクメンを期待されてストレスが溜る男性が多いとか、聞きますよね。そこで今回、夫婦でユニットを組む淵江ご夫妻の働き方をご紹介します。仕事も家事も育児も、恊働スタイル。そのメリットとは?

<ふたりのプロフィール>

四宮(旧姓)明子:慶応義塾大学総合政策学部卒業。婦人画報社(現ハースト婦人画報社)入社。リクルートにて『ALL ABOUT JAPAN』立ち上げ、マリン企画にて各誌編集長を経て、2008年に株式会社COSTA BLUE設立。(写真右)

淵江亮一:早稲田大学人間科学部卒業。渋谷のイタリアンレストラン、銀座の人気ビストロ/ワインバーで、ソムリエとして勤務。編集者である妻との結婚を機に、(株)COSTA BLUE 入社し、カメラマンとしてのキャリアをスタート。現在はマーケッター、コピーライター、プランナーとして活動。(写真左)

<ふたりの会社>

株式会社COSTA BLUE(コスタブルー):ボディーボード・サーフィン専門誌の版元として2008年に神奈川県・湘南にて創業。その後、グルメ、建築、ブライダル、トラベル、スポーツ、農業、学校関連など幅広いジャンルの出版物制作を行う。2016年夏に神戸に移転。

きっかけは夫の転職。家族としての在り方を優先

妻の四宮明子さんは編集者としてキャリアを積み、夫の淵江亮一さんと出会った頃には自らの会社を運営。一方、亮一さんは銀座の人気ビストロのソムリエ。店で知り合い、お互いの趣味であるサーフィンを通して友人に。亮一さんの猛アタックを経て結婚しました。当初は、それぞれの仕事をしていました。

f:id:kensukesuzuki:20170116140945j:plain

淵江「レストランの仕事は大好きで、ずっと続けていこうと結婚前は思っていました。しかし、基本的に夜型の勤務体系。生活時間の違いが大きく、これでは結婚生活が上手くいかないと感じました。私の両親が自営で共に仕事をしていた姿も印象に強く残っていたのかもしれません。写真を撮ることが元々好きだったので、自分がカメラマンになってしまえば編集者である妻と一緒に働いていけると思い、現在に至ります。」

f:id:kensukesuzuki:20170116140954j:plain

四宮「夫本人としては、かなり思い切った転職だったと思います。でも、私も夫婦で一緒に働けるスタイルが作れることを嬉しく思っていたので、当時はポジティブな面しか考えていなかったですね。仕事もプライベートも、それこそもうずっと一緒ですけれど、これが自分たちのスタイルだと言えるようになってきました。」

ずっと一緒にいると、ストレスを感じることも

—外で働く時間が、自分の時間でもあるというワーキングママもいます。ひとりの時間を確保する事でバランスを取る人も多いですが、ずっと夫婦一緒というのは、正直どうですか?

四宮「お互いに信念や主張がはっきりしているので、意見の衝突は頻繁にあります。また性格の違いも大きいですね。私は物事をゆっくり進めていくタイプ。夫は効率やスピードを非常に大切に考えている。お互いの良さが違うからこそ、幅広い仕事を手がけることが出来ていると感じています。でもやっぱり、ストレスに感じることも確かにあります。仕事の話をプライベートで完全にしないかというと、むしろプライベートな時間からの発見を仕事に活かすことも多いので、完全に“違うもの”とは思っていません。だからこそ、仕事でもプライベートでも、とことん楽しもうと。特に、日々の食事は大切にしています。時間がある時は、一緒に食材選びをして、好きな料理と好きなお酒を楽しんでいます。子どもたちも食べることが大好きなので、家族みんなで食卓を囲む時間を大切にしています。レストランで働いていた夫の料理はプロ並み。ソムリエですからワインもお任せです。食事の時間もつい長くなります」

淵江「2014年春に原因不明の病で私が倒れました。その時から、何か生活を変えていこうと決意しました。まず変えたのが、食生活。化学調味料や添加物などを摂取しない家庭料理を心がけ、外食もお店選びからしっかり行うようにしました。元々はレストランマンでしたし、今でも食には大きな興味を持っています。

食という世界の中で、本質的なものは一体何なのか? を考えるようになってから、仕事への考え方まで連鎖して変わってきました。例えば、ハウスメーカー様からカタログ制作の仕事を受ける時には、リサーチ段階から制作の最終段階まで『家とは何なのか?』を考え続けます。当たり前だと思われるかもしれませんが、核となることを考え続けると、見えてくるものがあります。」

f:id:kensukesuzuki:20170116141016j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。