ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

地方移住に必要なものは?伊豆の地域活性化伝道師・飯倉清太のアンサー

f:id:kensukesuzuki:20170110163647j:plain

地元企業が100%出資で伊豆にオープンし、経営支援・住居スペース付きのオフィス提供で話題を呼んだ「ドットツリープロジェクト」。

今回は、プロジェクトデザインを担当したNPOサプライズ代表であり、地域活性化伝道師でもある飯倉清太さんにインタビュー。地方創生の声が高まるいま、地方移住・UIターン成功のために飯倉さんが求めることを伺いました。

<飯倉清太(いいくら きよた)プロフィール>

1970生。24歳で現在の伊豆市天城へ移住し、ジェラート店を経営。2008年、地域のごみ問題に対する疑問をブログに書いたことをきっかけに「NPOサプライズ」を設立し、代表を務める。2013年より内閣官房地域活性化伝道師に就任。静岡県伊豆市修善寺において地元企業の古藤田グループに協力しコンセプト賃貸物件「ドットツリー修善寺」のプロジェクトデザインを担当。

【解説】地域活性化伝道師:地域活性化に向け意欲的な取組を行う地域に対し、内閣府が地域興しのスペシャリストを「地域活性化伝道師」として認定し紹介・派遣している。2016年4月時点で全国で350名が登録されている。(参考:内閣府地方創生推進事務局)

地域活性化のため、「ごみ拾い」から「何者」になれるか証明したかった

——飯倉さんが、地方創生に取り組んだきっかけは?

f:id:kensukesuzuki:20170110163723j:plain

私はもともと観光地でごみ拾いをしており、その活動を通して行政機関との関わりが増えていきました。そんな頃、伊豆市が市内の高校生に「将来、伊豆市に住みたいですか?」というアンケートをとったんです。すると6割以上が「NO」という回答を叩きつけてきた。「娯楽がないから」「仕事がないから」など理由は様々だったのですが、そのとき彼らが将来伊豆市に住もうと思う以前に、そもそも地域との接点がないのではと気づきました。そこで、彼らと交流する「伊豆市若者交流施設9izu(クイズ)」という施設ができ、高校生と一緒に清掃活動をしながら、地域活性化のためには何が必要かを学んでいったんです。

こうして現場で学んだ知識や経験を積み上げていったとき、地元の古藤田グループ・古藤田博澄代表取締役社長からオファーがあり、協力させて頂くカタチで出来上がったのが「ドットツリー修善寺」です。

【解説】ドットツリー修善寺:12棟の2LDKメゾネット住宅と小規模オフィスが建ち並ぶ、コンセプト賃貸物件。「地方創生」と「移住定住」を促進するために「住む」と「働く」をセットにした発想から生まれた「ドットツリープロジェクト」により2016年3月にオープン。行政の補助金に頼らない、民間出資100%のプロジェクトとして注目を集めている。

f:id:kensukesuzuki:20170110165237j:plain

△伊豆市修善寺に造られた「ドットツリー修善寺」。12戸の募集に対し33件もの応募があった。

——「ドットツリープロジェクト」は、高校生へのロールモデルとして立ち上がったのですね。

私は「四方良し」をモットーにしているのですが、これは近江商人の「三方良し」に加えて「未来良し」という言葉をつけているんです。目指すべき未来を設定し、そこから現在を設計していくという考え方です。プロジェクトチームで伊豆を拠点に挑戦することで「伊豆、まだいけるじゃん」という可能性を若者に示したかった部分はあります。

ただ企画段階では、チーム内でも、「ここでこんなプロジェクトを立ち上げても、12戸も誰が借りるんだ。埋まるはずがない」という意見がありました。そこで私たちは不特定多数に情報を流すのではなく、“特定少数”へ向けたアプローチをしたんです。東京の会社に通勤する人ではなく、すでに自分の仕事を持っている人がスタートアップをする場所として「ドットツリープロジェクト」を位置づけ、ターゲットをどんどん絞っていきました。

ドットツリー修善寺は、「出会い、外へ発信する」ための拠点

f:id:kensukesuzuki:20170110165310j:plain

——「ドットツリープロジェクト」では、どんなコミュニティーが作られているのですか?

最初は、古藤田オーナーと「シリコンバレーのようになったらいいね」と話していました。例えばWebの会社が集まってプロフェッショナル集団になれば、世界に打って出ることができるなと。しかしプロジェクトの途中で、「地域商社」という考え方に変わっていきました。

例えばWebの会社が3つ入居したとします。色々なつながりで仕事がドットツリー修善寺に来たとして、今回はA社、次はB社、その次は……と毎回変えるのはすごく手間ですし問題が起きかねない。そこでオーナーと相談して入居は一業種一社のみと決め、それぞれが活かし合える商社的な考え方に移行していったんです。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy