体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「リノベ・オブ・ザ・イヤー 2016」に見るリノベ最新事情とは?

「リノベ・オブ・ザ・イヤー 2016」に見るリノベ最新事情とは?

今年で4回目となる「リノベーション・オブ・ザ・イヤー 2016」の授賞式が2016年12月15日に開催され、「この1年を代表するリノベーション作品」が決定しました。受賞作品はどれも、リノベーションの大きな可能性や魅力、社会的意義を感じさせてくれます。その最新傾向を探ってみました。

空き店舗の可能性を見い出した作品がグランプリに

リノベーション・オブ・ザ・イヤーとは、「リノベーションの楽しさ、魅力、可能性」を感じさせる作品を表彰する、一般社団法人リノベーション住宅推進協議会主催のコンテストです。リノベーションとは、建物の性能を向上させたり、価値を高めたりすること。「中古住宅を購入してリノベで自分らしい家に変えたい!」「魅力的なリノベ済み住宅が欲しい!」という消費者の方々のリノベーション住宅に対する期待は年々高まっています。

そうした意識の高まりからか、「リノベーション・オブ・ザ・イヤー 2016」にエントリーされたのは過去最多の161作品。多くの候補作品の中から、グランプリ1作品、部門別最優秀作品賞4作品、特別賞8作品が選ばれました。まず、グランプリと部門別最優秀作品賞の特徴を紹介します。

●総合グランプリ

アーケードハウス / 株式会社タムタムデザイン

123624_sub01_1 【画像1】上:アーケードに面した大きな窓からの灯りが道行く人をほっとさせます。下:インナーバルコニーから屋内に光を呼んでいます(画像提供/株式会社タムタムデザイン)

【画像1】上:アーケードに面した大きな窓からの灯りが道行く人をほっとさせます。下:インナーバルコニーから屋内に光を呼んでいます(画像提供/株式会社タムタムデザイン)

福岡県行橋市にあるアーケード商店街の空き店舗となっている2階部分を住居としてリノベした物件。この商店街で生まれ育ったお施主さんにとって、愛着のある商店街の風景をリビングに取り入れた住まいとなりました。十分な採光が望めない状況に対し、インナーバルコニーを設けることで家中に自然光が入るように設計。

空き店舗をカフェや雑貨店、アトリエなどに活用する例は浸透していますが、住居としての活用に着目した点が「発想の転換」「ここに住んじゃうのはインパクト大」だと高い評価を受け、満場一致でグランプリとなりました。

(エリア:福岡県、築年数:37年、施工面積:114.21m2、費用:1800万円、対象物件:元店舗)

●部門別最優秀作品賞〈500万円未満部門〉

「ただいま」より、「いらっしゃい」が似合うカフェ部屋ライフ。 / REISM株式会社

123624_sub02_1 【画像2】古木材、打放しのコンクリート、黒のアイアンなど無骨さのある素材遣いは賃貸とは思えない雰囲気(画像提供/REIZM株式会社)

【画像2】古木材、打放しのコンクリート、黒のアイアンなど無骨さのある素材遣いは賃貸とは思えない雰囲気(画像提供/REIZM株式会社)

寝室部分が五角形という活用しづらい間取りの賃貸物件。工事現場の足場板をリサイクル活用した床や、ウッディなカウンターなど、ヴィンテージ感漂うこだわりの愛着空間に仕上がっています。

「トレンド的な素材遣いに度胸の良さを感じた。完成度の高さがある」「洗練された賃貸としてやりきった感があって、好印象」といった点で評価を受けました。

(エリア:東京都、築年数:18年、施工面積:33.47m2、費用:420万円、対象物件:マンション)

●部門別最優秀作品賞〈800万円未満部門〉

“高品質低空飛行“に暮らす家〈暮らしかた冒険家 札幌の家〉 / 棟晶株式会社

123624_sub03_1 【画像3】下見板張りのウッディな外装が景観にマッチ。窓を大きなサッシに変えて暖かな日差しを呼び込みます(画像提供/棟晶株式会社)

【画像3】下見板張りのウッディな外装が景観にマッチ。窓を大きなサッシに変えて暖かな日差しを呼び込みます(画像提供/棟晶株式会社)

「リノベ前の薪消費量9m3、無理なく薪割りできるのは3m3。だから家の燃費を3分の1に」というお施主さんの希望のもと、2020年に義務化される省エネ基準適合住宅よりも高い断熱性・気密性を付加した家です。南の窓を大きくとり、冬の日差しを室内に入れ、壁、玄関ドア、サッシを高断熱のものに。

住宅性能を向上させるリノベには、暮らしの快適性を高めるだけでなく、命を守る(ヒートショックによる死亡が多い点を踏まえて)大きな社会的使命があるという点が、この物件で改めて見直されました。

(エリア:北海道、築年数:31年、施工面積:104.14m2、費用:680万円、対象物件:一戸建て)

●部門別最優秀作品賞〈800万円以上部門〉

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。