ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

約1万円で電車・バス・タクシーが定額で乗り放題!新モビリティサービス「Whim」

フィンランド市内を走るトラム定額制の飛行機乗り放題サービス「OneGo」や「Surf Air」など、月額固定料金で好きなものを好きな分だけ自由に利用できるサービスモデルが、“ヒトの移動”にも広がってきた。

・月額固定料金であらゆる移動手段が利用し放題

フィンランドの首都ヘルシンキでは、電車・バス・タクシーなど、複数の交通手段をワンストップで提供するMaaS(Mobility-as-a-service、サービスとしてのモビリティ)型サービス「Whim」が、世界で初めてリリースされた。

「Whim」は、月額89ユーロ(1万1000円)からの固定料金で、ヘルシンキ地域交通局(HSL/HRT)が運営するトラム、地下鉄、バス、フェリーが好きなだけ利用できるほか、ヘルシンキ市内のタクシーや「Sixt」のレンタカーサービスなども網羅しているのが特徴。

MaaS型モビリティサービス「Whim」スマホアプリで目的地を指定すると、複数の交通手段を組み合わせた最適な移動ルートを自動で検索でき、電子チケットが発券される仕組みとなっている。

「Whim」は、利用者にとって、「どの乗り物を利用するか?」を意識せず、そのときのニーズやシチュエーションに合わせて、最も効率的な移動手段を選択できるのが魅力だ。

・交通手段の最適化が環境負荷の軽減にもつながる!?

ヘルシンキ市では、2050年までにカーボンニュートラルを達成することを目標に、持続可能な都市づくりに注力している。

「Whim」は、あらゆる交通手段を最適化し、万人にとって安全で安価、持続可能なモビリティを提供するのみならず、環境負荷の軽減にも貢献している点で次世代のモビリティサービスといえよう。
Whim

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy