ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【深ヨミ】SMAP『SMAP 25 YEARS』、大都市を中心にセールス伸ばし61万枚越え

【深ヨミ】SMAP『SMAP 25 YEARS』、大都市を中心にセールス伸ばし61万枚越え

 1月2日付Billboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”では、SMAPの3枚組ベスト盤『SMAP 25 YEARS』が、612,719枚と断トツのセールスで1位を獲得した。

 本作には、年内で解散を発表しているSMAPの数ある楽曲の中から、ファン投票で決定した50曲が収録されている。ちなみに投票のトップ3は「STAY」「オレンジ」「BEST FRIEND」で、3位までにシングル表題曲が入っていないことが発表当初、話題になった。また、主要都市のCDショップで衣装展示を行っている影響もあってか、ECより店舗での売上げが大きいことも特徴の1つに挙げられる。

 では、CDセールスになにか特徴的な傾向があるのか。SoundScan Japanのセールスデータから、店舗での初週売上げ地域別トップ10を抽出すると下記のようになる。
1位:東京
2位:愛知
3位:神奈川
4位:大阪
5位:埼玉
6位:福岡
7位:千葉
8位:北海道
9位:静岡
10位:兵庫
 東京が2位以下を大きく引き離して1位に。2位と3位は僅差で愛知・神奈川。その後ろに大阪、埼玉、福岡と続いており、人口が多い地域が上位を占めている。なお、10位以下でもほとんどの地域で4桁の売上げを記録していることから、今回の612,719枚というセールスは、どこかで突出したセールスをあげたのではなく、全国各地からの支持が集まった結果と言える。そして、発売2週目となる12月26日~12月28日までの集計では160,035枚を売上げており、今後どこまでセールスを伸ばしていくのかに注目したい。

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード】SMAP『SMAP 25 YEARS』が断トツで総合AL制覇、人気アニメサントラが2位
【ビルボード】SMAP『SMAP 25 YEARS』が61.3万枚セールスで大差、アルバム・セールス1位に
【先ヨミ】SMAPベストALが2週に渡りトップ、2位のback numberが僅差で追いかける展開に

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy