【今週の“誰得”映画】きれいなイケメンは好きですか? 『Miss Boys! 決戦は甲子園!?編』

access_time create folderエンタメ 映画

毎週新しく封切りされる映画はナント約30本! 話題の大作映画から、女子が大好きラブコメディまで様々なタイプの作品がズラっと公開されます。そんな中で「こんな映画あったんだ…まさに誰得!」というトンデモ映画を毎週1本紹介していきます。

今週の“誰得”映画は『Miss Boys! 決戦は甲子園!?編』。女装をテーマに男子高校生たちの青春を2部構成で描いた「Miss Boys!」の第1部です。

女装をテーマに男子高校生たちの青春を……とサラリと言ってますが、そもそもその設定が謎。女装をテーマにどんな青春が描けるというのでしょうか?

ストーリーは、中学時代からバスケ部のエースとして活躍してきた主人公の真実(まさみ)が、入学した高校でのワンマンプレーを指摘される所からスタート。精神を鍛える為に学内一厳しいといわれる応援団に入った所、その実態は男子がチアガールに扮する「女装応援団」だというから、さあ大変!

さらに、部の存続をかけたライバル校との対抗戦「女装甲子園」がすぐ目の前に迫っており、真実は戸惑いながらもチアの練習をする事に。フェイスパックをしたり、スネ毛を処理したり、イケメン達が美しくなる為に奮闘します。

主演はバンド「ココア男。」でも活躍する俳優の鎌苅健太。共演に同じくココア男。の鈴木勝吾を迎え、その他にも辻本祐樹、馬場良馬ら若手イケメン俳優が出演。“男の娘”ブームが映画界まで進出していたとは驚きですが、物語は王道の青春ストーリーであり、イケメン好きな女性なら意外と楽しめるかも?

しかし、青春に付き物のケンカシーンでは「本当にバスケが好きなんだったら、女装でもなんでも出来るはずだろ!?」というよく分からないセリフも飛び出しており、トンデモ映画である事は間違い無い様です。

周りから見たらくだらない事でも、本人達がいたって真面目。それが青春。例えそれが女装であってもね……。映画『Miss Boys! 決戦は甲子園!?編』は12月3日よりユナイテッド・シネマほか全国順次ロードショー。第2部『友情のゆくえ編』は1月21日より公開です。

『Miss Boys! 決戦は甲子園!?編』

※画像は『Miss Boys! 決戦は甲子園!?編』公式サイトより引用。

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「藤本エリ」が執筆しました。[リンク]
恋愛・美容・エンタメに興味津々な女ライター。日常での「クスッ」や「イラッ」を記事に出来ればと思っています。

access_time create folderエンタメ 映画

藤本エリ

ウェブサイト: http://

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧