歩行が困難な人でも自力で“漕げる”、世界で唯一の足こぎ車いす『COGY(コギー)』(ベストチーム・オブ・ザ・イヤー)

access_time create folder生活・趣味
1

歩行が困難な人でも自力で“漕げる”、世界で唯一の足こぎ車いす『COGY(コギー)』

もう一度、自分の足で歩きたい—──そんな夢を持つ人々の希望の光となっている『COGY』は、「下半身がまったく動かせない人たちをもう一度立って歩かせたい」と、東北大学の医学部と工学部の連携チームが20年という長い歳月をかけて研究開発した車いす『Profhand(プロファンド)』の進化系です。

この『COGY』の製造・販売を行う、株式会社TESS代表取締役の鈴木堅之氏(写真)に、お話を伺いました。

『Profhand』に大きな可能性を見出した鈴木氏でしたが、鈴木氏の前職は、なんと小学校教諭。経営者としては、まったくの素人である鈴木氏が、どうやって『COGY』の製造・販売までこぎつけたのでしょうか。

多くの協力者の心を動かした鈴木氏の人間力と『COGY』の魅力に迫ります。

2


COGY | あきらめない人の車いす(ウェブサイト用)
【動画】https://youtu.be/klfJredgH1U(YoTube)

小学校教諭からベンチャー社長へ転身

『COGY』の前身である『Profhand』ができたのは、どれくらい前ですか?

研究が始まったのは、まだ東北大学にも医工連携ができていない20年くらい前のことです。医学部からはリハビリのお医者さんが、工学部からはロボットの先生方が一緒になって研究チームを作りました。今はリハビリの分野でロボットの活用が進んでいますが、当時は誰もやっていないことでした。


鈴木さんが『Profhand』と出会ったきっかけは?

テレビのニュースで見て、「なんでこんなにすごいものが世の中に出てこないんだろう?」と思ったのが最初ですね。当時、私はまだ小学校の教員でしたので、山形から東北大学まで見に行きました。

そこでご自身も『Profhand』の普及に携わりたいと思ったのですか?

まぁそうですね。ただ、私が通っていた頃から、大学ベンチャーとして事業化しようとやってはいたのですが、うまくいかなくて途中で解散しちゃったんです。
そこで「じゃあ私にやらせてほしい!」と大学にお願いをしたところ、「やるならやってごらん」とあっさり認めてもらえたんですよ。すでに26億円をつぎ込んで、一生懸命普及させようとしてもダメだったので、誰もうまくいくと思っていなかったんでしょうね(笑)。

そこでTESSを設立されたんですね。

はい。2008年に起業しました。

勝算はあったのですか?

何がダメかというのは、よくわかっていました。
まず、『Profhand』は大事な特許が絡んでいることや、いずれ上場した時に利益が分散しないよう、自分たちで作って自分たちで売ると、かたくなに閉じこもっていたんですよね。これでは誰も共感してくれません。
車いすは手で動かすものだという常識を覆さないといけませんから、“足が動かないとあきらめている人でも、足で動かせる乗り物がある”ということをまずは多くの人に知ってもらう必要があります。
次に、デザイン性です。いくら良いものでも、戦車のような見た目では、「怖い」と避けられてしまいます。多くの人に乗ってもらうには、誰もが乗りたくなるようなデザインが必要です。
最後に、資金です。これらの3つを集められれば、きっと普及するなと思っていたので、経営に関する知識は何もなかったのですが、とにかくこれを広めたいという思いで会社を作りました。


スムーズに譲り受けもでき、スタートとしては快調だったんですね。

いえ、全くです(笑)。退職金全部を設立費用にあてたのですが、2008年の11月に設立して、12月にはもうお金がなくなっていました。妻にも黙って起業したのですが、妻も同じ教員だったので、すぐに噂でバレちゃって…最悪ですよね(笑)。

3

医工連携チームで生まれた「足こぎ車いす」


“足こぎ車いす”というコンセプトは当初からあったのですか?

いえいえ、もともとは電極を筋肉に埋め込んで、筋肉のひとつひとつを電極で制御する電気刺激によるアプローチでした。このやり方で、座っている人を立たせるという研究を世界で初めて成功させて、寄りかかりながら5m歩かせることもできたんです。でも、このやり方だと電極を埋め込む手術が必要なので、怖いですし、後も大変で…。錆びないように、お風呂も入れなくなりますので、あまり現実的とは言えなかったんです。


確かに、リスクが高すぎますね。

はい。それに、この方法だと、本人の意思で身体を動かしているわけではないんですよね。健康な人の動作をデータ化して再現しただけなので。自分で動かしている感覚もないし、ぶつかって怪我をしてもわからない。これでは危なくて実用化できないということで、もっと安全に足を動かせるよう、座ったまま、電極を筋肉の表面に貼る形で、足を動かすリハビリをしてもらう研究に移り変わりました。


肩こりの低周波治療器のようなイメージですね。

そうです。海外でも機能的電気刺激で体を動かすのは、今でもポピュラーな治療法なんですけど、あまりにも大掛かりで、どんなにリハビリをがんばっても、自分ひとりで立ち上がって歩き出すのは、難しいんです。
ところが、ふとした拍子に、車いすの座面を縮めてみたら、電気刺激を付ける前に、漕ぎだしちゃったんですよ。「あれれれれ?」って、みんなびっくり。
研究機の車いすだったので、ご自身の体重も含めたら100kg以上もあるのに、麻痺した体のおじいちゃんが、電気刺激なしで漕ぎだしちゃったんです。

1 2 3次のページ
access_time create folder生活・趣味

転載

ウェブサイト: http://

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧