ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

M.I.A. 3年ぶりのニュー・アルバム『AIM』発売、スクリレックス、ディプロ、ゼインら参加

M.I.A. 3年ぶりのニュー・アルバム『AIM』発売、スクリレックス、ディプロ、ゼインら参加

 強い社会的・政治的メッセージを込めた楽曲やミュージック・ビデオなどを生み出し、独自の存在感を放ち続けるイギリスの女性シンガー、M.I.A.の約3年ぶり5枚目のアルバム『AIM』が9月23日に発売された。

 10歳の時に難民としてスリランカからロンドンに渡った過去を持つM.I.A.は、幼少期の壮絶な人生体験を音楽に反映させ、その強いメッセージ性に多くの関心を集めるアーティストだ。3年ぶりに発表した本作では、移民であった過去、世界の政治、精神的・肉体的な境界線、母親であること、そして貧困から突然富と名声を獲得しながら、決して彼女が通ってきた苦難の道を忘れることなく、その苦難こそが今日ある彼女を形成している、といった彼女の内面の葛藤に真正面から取り組んだ作品になっている。

 プロデューサーにはスクリレックス、長年M.I.A.と音楽活動をしてきたブラックスターなどが参加。また、デラックス盤には、全米4位にチャートインしたM.I.A.の2008年の大ヒット曲「ペーパー・プレーンズ」を制作した元恋人、ディプロがプロデュースした楽曲も収録され、久々のコラボ復活に注目を集めている。更にはゼイン・マリクがフィーチャリング・アーティストとして参加しており、異彩を放ち続ける彼女の世界観を豪華アーティストが彩る意欲作となっている。

photo by Daniel Sannwald

◎「フリーダン feat. ゼイン・マリク」オーディオ
https://youtu.be/x_Nc1FdTD10

◎リリース情報
『AIM』
2016/9/23 RELEASE
UICS-1320 2,700円(tax in)

関連記事リンク(外部サイト)

M.I.A.、ゼイン・マリクとのコラボが明らかに
M.I.A.、最後のアルバムからスクリレックスらとのコラボ新曲公開
元恋人のM.I.A.とディプロ、各々の言動を受け舌戦へ

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。