ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これは行ってみたい! 『じゃらん』が選んだフォトジェニックなスポットとは?

これは行ってみたい! 『じゃらん』が選んだフォトジェニックなスポットとは?

なんとなく、どこか遠くへ旅に出たい。でも、具体的な目的地までは決まっていない。

そんなとき、あなたはどのように旅先を決めているだろうか。

■旅先は「ビジュアルのインパクト」で決める

最近では、芸能人や著名人が訪れたスポットの写真をSNSにアップし、その場所がいわば「聖地」のような存在になったり、ウェブ上で紹介されている美しい風景や写真が話題になり、テレビや雑誌で取り上げられることも多い。

旅行情報誌『じゃらん』は、「じゃらん宿泊旅行調査2016」の「旅行を計画する際に意識したコト」の中から、昨年と比較してポイント差が高かった「人に勧められたものを選ぶ」「テレビや雑誌で人気、有名なものを選ぶ」という2つの回答に注目。

その結果に基づいて、「誰かに伝えたくなるビジュアルが新たな旅のきっかけになる」と提案し、『じゃらん』編集部おすすめの「思わず写真に収めたくなるスポット」を取り上げている。

ここでは、その中から3つピックアップしてみよう。

●友ケ島(和歌山県和歌山市)

「ラピュタみたい!」と話題の大阪から約1時間でいける無人島。明治時代から第二次世界大戦まで、軍事要塞として使用され、その歴史を彷彿とさせる砲台跡がいまだに残っている。

●とこなめ招き猫通り(愛知県常滑市)

名古屋鉄道「常滑駅」から陶磁器会館に向かう道路沿いのコンクリートの壁の上に鎮座しているのがこの「巨大招き猫」とこにゃん。常滑系招き猫の典型的な顔で、幅は 6.3m、高さが3.8mもある。

●フルーツバス停(長崎県諫早市)

まるでおとぎの国に迷いこんだような気持ちになるフルーツバス停。他にもメロンやミカンなど存在感抜群の 全5種類がずらりと並ぶ。

「思わず写真を撮りたくなってしまう」スポットは、ちょっとその気になれば、国内だけでもあちこちにある。

旅先で撮った「強烈な写真」を持ち歩けるようにしておけば、旅の記憶がより鮮明に蘇ってくることうけあいだ。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

海外旅行に行くなら知っておきたい 空港の名前にまつわるエピソード

高垣麗子も絶賛! オアフ島在住の人気コーディネーターがハワイの最前線スポットを紹介

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。