ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Joe Odagiri × Yu Aoi『Over The Fence』Interview

odagiriaoi1

 

妻に見限られ、故郷の職業訓練校に通いながら惰性な日々を送る男。自分の感情をうまくコントロールできない事から、他人を拒絶するも、それでも他人を求めてしまう風変わりなホステス。函館を舞台にした映画『オーバー・フェンス』は、壊れかけた心を抱えた男女が惹かれ合う、痛々しくも純粋な恋愛映画だ。原作は1990年に自ら命を絶った作家、佐藤泰志。『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』に続く“函館三部作”の最終章を、青春群像劇の名手・山下敦弘監督が映像化した。すべての虚飾を削ぎ落としたぶつかり合いから見えてくる、普遍的な男女の姿──。10年ぶりの共演で迫真の(ほとんど捨て身の)熱演を見せたオダギリジョーと蒼井優に、作品にかけた想いを聞いた。

 

──とても痛々しくて、同時に、このうえなくピュアな恋愛映画ですね。演じる側も相当な覚悟を強いられる作品じゃないかと感じたのですが……オファーを受けた際の感想はいかがでした? 

オダギリ「僕は以前から、高田(亮)さんの書かれるシナリオが好きだったんです。彼の脚本って……何て言えばいいのかな……すごく魅力的な壊れ方をしてると思うんですね。辻褄の合った会話だけできちっと物語を構築していくんじゃなくて。むしろ所々に、ボコッと欠落してる部分があったりする。台詞ですべてを説明しようとしていない感じがあって、役者としては、そこが演じたくなります」

──なるほど。

オダギリ「いい意味で言葉に重きを置きすぎない。今回の『オーバー・フェンス』もまさにそうですよね。あんなにリアリティーのある欠落とか空白って、本当に上手な脚本家さんしか作れませんから。なので、依頼をいただいて嬉しかったです」

蒼井「私も脚本を読ませていただいて、『ああ、こういう映画出たいなぁ』と素直に感じました。山下(敦弘)監督の作品は初めてですし、オダギリさんとご一緒するのも10年ぶりだったので、もちろんドキドキする部分はあったんです。何より、演じる上ですごく落としどころの難しい役だ思った。でも、そこはもう、やってみるっきゃないかなと。そんな感じで現場に入りましたね」

0701_neol_0212

──家庭生活に破れ、故郷の函館に戻って職業訓練校に通う中年男性と、自分を持てあましながらも男に惹かれていく一風変わったホステス。演じた人物像については、それぞれどのように捉えていましたか?

オダギリ「これもまた、言葉で説明するのが難しいんですけれど……蒼井さんが演じられた聡(さとし)という女性は、どこか破綻してるキャラクターだと思うんですね。人としていろんなバランスを崩しているのが、誰の目にも見てとれる」

蒼井「そうですね(笑)」

オダギリ「それに比べると白岩という男には、あまり目立った特徴がない。訓練校には通っていますが、そこでの人間関係も付かず離れずという感じで、常に何となく笑顔を浮かべ、あたりさわりなく暮らしてるというイメージが、まずあります。でも実際のところは、彼は彼で破綻を抱え込んだ人物と思うんです。授業が終わると、いつもお弁当1つと缶ビールを2本買って帰るでしょう。で、テレビもないアパートで1人で夕食をとる」

──あの食事シーン、すごくよかったですね! 黙々と唐揚げを食べるところ。

オダギリ「あ、そうですか(笑)。それは初めて言われました」

蒼井「ははは。たしかに」

オダギリ「でもたしかに、あんな寒々しいところを見せられたら、この男も普通じゃないって感じはしますよね。あんな暮らしが続いたら、僕なら頭がおかしくなってしまう。結局、バランスがおかしいという部分では、白岩と聡は似通った役だと思うんです。現れ方は『動』と『静』みたいに対照的だけど、根っこは繋がってる。それで結局、惹かれあってしまうんじゃないかと」

蒼井「うん、うん」

オダギリ「ただ白岩の場合、それを隠すためにすべてを取り繕って生きているという部分も、人物像的には重要なポイントだったので。演じるうえでは『あくまで表面的には普通』という加減は、自分なりにずっと考えてました」

0701_neol_0160

蒼井「それでいうと私も、『動』の役柄だからこそ演じすぎないようにしようとは、すごく思ったかな。特にクランクイン前はその意識が強かったんですけど……実際に撮影が始まってしまうと、そんな客観性はほとんど持てなかった」

オダギリ「わかります」

蒼井「もともと私、いわゆる役に入り込んで演技するというタイプではないと思うんですね。正直、そういうのはちょっと苦手だったりする。でも今回は、撮影していくうちに、自分と役の境目がどんどん曖昧になってしまって…。芝居の中の聡が傷ついているのか、それとも私自身が傷ついてるのか分からなくなっていった。しまいにはもう、自分と向き合ってる男の冷たい視線が白岩のものなのか、オダギリさん本人のものなのかすら判断が付かなくなってきて(笑)」

オダギリ「(笑)」

蒼井「そんな経験は初めてだったので、自分でもどうしちゃったんだろうと思った。ある時点からは諦めて、無理に客観性を保とうとはしなくなりましたけど……結局、最後まで不安は不安でした。あと、すごく記憶に残ってるのは、物語の中で何回か、聡が鳥の動きを真似るところがあるんですよ」

──求愛のポーズですよね。白岩が初めて聡を見かける場面でも描かれていた。

蒼井「そう。聡のエキセントリックさがよく出ている箇所で、脚本の段階ではそこを演じるのが一番大変かと想像してたんです。だけど、実際やってみると反対で。鳥の求愛を真似てるときだけが自由な気持ちになれた(笑)。その間だけは、白岩なのかオダギリさんなのか分からない冷たい視線から逃れられてる気がしました。で、別の場面に写ると、また重たい現実がどっと襲ってくる。そのギャップの感覚を、すごくリアルに覚えてます」

──ちなみに聡の演技では、声の変化もすごく印象的でした。白岩の機嫌をうかがう柔らかいトーンからパーンと弾ける絶叫まで、場面によって広いレンジを細かく使い分けている気がしたんですが……。

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。