ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Interview】十人十色のワークスタイルを紹介!新しい働き方が見つかるウェブメディア「Fledge」を直撃

fledge_1フリーランスにリモートワーク、短時間正社員・・・・・・。日本人の働き方が今、大きく変化しつつある。満員電車に乗り、9時から5時まで働くだけの時代はもう終わり。充実した毎日を送るため、自分に合った働き方を選択する人は、確実に増えている。

そんな流れにいち早く着目したのが、この「Fledge」だ。取材形式で、企業と個人の新しい働き方の実例を紹介。ワークスタイルを模索している人(企業)にとって、これほど参考になるメディアはないだろう。

コンテンツを手がけるのは、創業6年目のえふなな。自称“旅する広報”、鶴見 美保(つるみ みほ)氏に、話を聞いた。

・100人いれば100通りの考え方と働き方がある

Q1:まずは、サービス提供のきっかけからお聞かせください。

fledge_2「シゴトを楽しむ人、そして人生を楽しむ人を増やしていきたい!」そんな想いから、このメディアを立ち上げました。

弊社は「シゴトを楽しむ、人生を楽しむ」という理念の下、楽しむ手段の一つとして新しい働き方を取り上げ、実践しています。それを発信していく場の1つがこの「Fledge」です。「Fledge」を通して、よりハッピーになるきっかけを、一人でも多くの人に提供していきたいと考えています。

Q2:さまざまな働き方の取材をしていく中で、新たな発見はありましたか?

fledge_3まさに発見の連続!特に企業取材の中で思うことは、企業カルチャーと働き方には、密接な関係があるということです。

すべての企業がむやみやたらに新しい働き方を導入すればいいかといえば、必ずしもそうではなく「カルチャーに合わせた働き方を試行錯誤しながら形作っていくこと」が大事なのではないかと思います。正解の形も決まっていません。10社あれば10通り、100人いれば100通りの考え方と働き方があるのです。

・“気付く”から“行動する”へ後押しできるメディアにしたい

Q3:コンテンツ作成にあたって最も苦労しているのは、どんなところですか?

単にコンテンツを発信するメディアで終わるのではなく、どうやって文章に想いをのせるのか、どんなデザインで楽しさを伝えるのか。リリースしたばかりですが、早くもサイトリニューアルに向けて、日々模索中です(笑)。

Q4:今後の展開について、教えてください。
fledge_4「Fledge」に出会うことで「気付き、考え、行動し、人生がよりハッピーに変化する!」そんなメディアにしていきたいと、私たちは考えています。

単にコンテンツを読んでもらうだけでは、「気付き、考える」ところまでしか応援できません。今後は、実際に「行動する」というところまで後押しできるメディアを、作っていきたいと思っています。

インタビューはもちろん、コラムも充実している「Fledge」。その中には話題のホラクラシーなど、先端の組織作りについて、意見を述べているものもある。多彩な記事を参考に、自身の働き方について今一度、考えてみてはいかがだろうか。(取材・文 乾 雅美)

Fledge 〜働き方から考える、新しい人生の選択肢〜

 

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。