体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「今買うべき水冷911」を勝手に本気で検討してみた

▲「水冷ポルシェ 911」とひと口に言っても、今や年代もグレードも多岐にわたる。そのなかから今、筆者のようなパンピーはどの年式・どのグレードを狙うべきなのか? 頼まれてもないのに真剣に考えてみました!

▲「水冷ポルシェ 911」とひと口に言っても、今や年代もグレードも多岐にわたる。そのなかから今、筆者のようなパンピーはどの年式・どのグレードを狙うべきなのか? 頼まれてもないのに真剣に考えてみました!

全体を4ブロックに分けて「予選リーグ」と「決勝トーナメント」を開催

数年前に私物のポルシェ 911(タイプ964)を売却して以来、慢性の「やっぱり911が欲しい病」に罹患し、寝ても覚めても911のことばかり考えている。できればもう一度空冷世代のそれに乗りたいわけだが、ご承知のとおり空冷911の中古車相場は鬼のように高騰しており、ニッポンの中流ド真ん中を生きる筆者が今さら買うのは事実上不可能。となれば狙いは当然「水冷世代のポルシェ 911」になる。

問題は「じゃあ水冷911のなかのどれを買うか?」ということだが、ざっくり考えてタイプ996(3代目911)の前期型はさすがに古く、タイプ997(4代目911)の後期すなわちPDK以降は平均価格が(たぶん)700万円以上にはなるはずなので、ちょい厳しい。そしてタイプ991(現行911)は価格的に論外ということで、選択肢は自動的に「タイプ996の後期から997の前期にかけて」ということになるだろう。

「じゃ、順当に考えてタイプ996後期のMTカレラにすっぺか」と思った筆者だが、よく考えてみれば筆者はタイプ996後期および997前期の最新相場状況をよく知らない。いやさすがに何となくは知っているが、物事というのは「何となく」だけで判断するとたいていドツボにハマる。ここはひとつ各年代・各グレードの流通状況や価格動向を詳細にリサーチし、そのうえで判断するのが現代人としてのあるべき姿だろう。

ということで筆者はタイプ996後期から997前期の各年代・各グレードを合計4つのブロックに分け、それぞれのブロック内で「どれが一番お買い得なのか?」を競う予選リーグを開催。そして各予選ブロックを勝ち上がった勝者同士で決勝トーナメントを行うべきだとの合理的判断を下した。

▲予選リーグや決勝トーナメントといってもサーキットとかで競争させるわけではなく、平均価格と流通量をベースに筆者の脳内で戦わせるだけなんですが

▲予選リーグや決勝トーナメントといってもサーキットとかで競争させるわけではなく、平均価格と流通量をベースに筆者の脳内で戦わせるだけなんですが

996後期カレラはやはり素のティプトロニックSが優勢

■予選Aブロック:タイプ996後期カレラボディの部

読んで字のごとく996後期のターボボディじゃないやつ、すなわちカレラとカレラ4のMTとAT(ティプトロニックS)からなるブロックである。それらの相場状況は2016年8月1日現在、筆者がカーセンサーEDGE.netで調べたところによれば以下のとおりであった。

・911カレラ(MT) 流通量:2台/平均価格:351.5万円

・911カレラ(AT) 流通量:22台/平均価格:292.3万円

・911カレラ4(MT) 流通量:0台/平均価格:―

・911カレラ4(AT) 流通量:7台/平均価格:374.3万円

普通に考えて、このなかではもっとも軽快かつファンな後輪駆動カレラのMTを勝ち抜けさせたいが、問題は全国でたったの2台という流通量だ。某専門店から「996後期カレラのMTは希少ですよ」と聞いていたが、調べてみると実際そのとおりであった。この台数は、傍からテキトーな評論をするだけならさておき、いざ自腹で買うと考えると厳しい数字だ。「もっと選ぶ余地を与えてくれよ!」と叫びたくなるのである。

となるとこのブロックは事実上、カレラ ティプトロニックSとカレラ4ティプトロニックSの一騎打ちになるが、やはり流通量の豊富さと価格の手頃さから「カレラ ティプトロニックSの勝ち」とするほかあるまい。車としての魅力は正直微妙かもしれないが、この安さはある意味突き抜けており、そういった意味で決勝トーナメントで台風の目になる可能性はある。

★予選Aブロック1位:タイプ996後期カレラAT仕様 流通量22台/平均価格292.3万円

▲タイプ996の後期カレラ。エンジンは3.4Lから3.6Lに拡大された水冷水平対向6気筒。この後期型からヘッドライトの形状が写真のとおりの「涙目」に変更された

▲タイプ996の後期カレラ。エンジンは3.4Lから3.6Lに拡大された水冷水平対向6気筒。この後期型からヘッドライトの形状が写真のとおりの「涙目」に変更された

996後期ターボボディはカレラ4Sが順当に1位抜け

■予選Bブロック:タイプ996後期ターボボディの部

・911カレラ4S(MT) 流通量:3台/平均価格:487.0万円

・911カレラ4S(AT) 流通量:23台/平均価格:383.9万円

・911ターボ(MT) 流通量:1台/平均価格:650.0万円

・911ターボ(AT) 流通量:3台/平均価格:589.3万円

個人的にはATのターボに期待していたのだが(トルクが鬼のように太いため、これに関してはMTじゃなくても全然OKと思っている)、平均価格は思いのほか高かった。また流通量も少なめであるため、残念だがここで敗退とするしかない。となれば残るは、3.6Lの自然吸気エンジンにワイドなターボボディを組み合わせたカレラ4SのMTとティプトロニックS。……流通量から考えて自動的にカレラ4S ティプトロニックSの勝ち抜けとなろう。できればMTの方に勝ってほしかったが、ステキなターボボディを平均価格383.9万円で入手できると思えば、それもまた良しである。

★予選Bブロック1位:タイプ996後期カレラ4S AT仕様 流通量23台/平均価格383.9万円

▲カレラ4Sは、911ターボと同形状のワイドボディと後期3.6L自然吸気エンジンを組み合わせた4WD仕様
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。