ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『千日の瑠璃』24日目——私はハンググライダーだ。(丸山健二小説連載)

 

私はハンググライダーだ。

てっぺんに風に吹かれて揺れる少年がいる片丘を巡って、いつまでも飛びつづける渋色のハンググライダーだ。私を一点の曇りもない心と高度な技術で操っているのは、曲りなりにも独力で生活している若者だ。地元の人間ではない。彼はたまたまここを通りかかり、飛びたくなったのだ。初めて私を見る人々は、あんぐりと大口を開けている。

油断は禁物だ。突発性の下降気流が、私を叩き伏せてやろうと狙っている。私の真下では、裸出した岩肌が落下物を切り刻もうと牙をむいている。そして真上では、数千キロメートルを翔破した候鳥の一群が、まだまだ未熟な私の滑空に冷笑を浴びせている。周辺には花粉や挨以外にも浮游物がある。烏のはばたきをさかんに真似る少年の熱い想いが、私を追いかけてくる。この際、言うべきことはきちんと言っておこう。人は鳥になれないのだ、と。しかし、私に付き纏うそれは耳を貸そうとしない。

湖を眼下に見る若者、地上では平坦な日々を送る青年、彼は感極まって「おれは鳥だ」とうそぶく。私でさえ口にしない大それたその言葉は、愚鈍そうな少年の耳に届いた。懲らしめなくてはならないと考えた私は、手に負えそうにない複雑な気流のなかへと突っこんで行く。湖があるから、私の損傷の度合いも若者の怪我の程度も、おそらく大したことはないだろう。少年の想いがまだ追ってくる。
(10・24・月)

丸山健二×ガジェット通信

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。