ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

消費者庁「完全無料、根拠のないブログでの口コミ依頼、実績のない二重価格のクーポンサイトは問題」と公表

消費者庁は10月28日にウェブサイトにて“ 「インターネット消費者取引に係る広告表示に関する景品表示法上の問題点及び留意事項」の公表について”を公表。インターネットで多発するトラブル事例をまとめ問題点として公表したものだ。

その発表された資料の中に次のような物がある。

・フリーミアム……基本的なサービスの無料提供によって確保した顧客基盤を有料の付加的なサービスの購入に誘引することで利益を得ようとするビジネスモデル。フリーとプレミアムからできた造語。
問題点……ゲームのサービスを提供する事業者が「完全無料でゲームをプレイ可能」と表示。実際には……ゲーム上で使用するアイテムを購入しないと、ゲームを一定のレベルから先に進めることができないものであった。また基本無料としている動画サイトがあったが、ログインすると料金の支払いを求められた。

・口コミサイト……口コミによりサービス、商品などを掲載するいわゆるインターネット上のバズマーケティングと呼ばれる物。広告と気づかない人もいるため一部では「ステルスマーケティング」とも呼ばれている。念のために言っておくが「口コミ=ステルスマーケティング」ではない。
問題点……広告主に依頼され化粧品の宣伝をブログに掲載。「この化粧品凄い良いんです」→良いと言う根拠がない(人により合う、合わないがある)。

・フラッシュマーケティング……商品やサービスを割り引き特典やクーポンで一定数配布。昨今流行っている共同購入クーポンサイトがそれに当たる。
問題点……クーポンを適用すると半額になって安く感じた。しかし元の通常価格は実在せず、通常価格で販売した実績がない二重価格。

・アフィリエイト……インターネットの代表的な広告システム。バナーにより収入を得るシステムで広告掲載主に報酬が支払われる。報酬形態は様々。
問題点……バナーの価格表示が、上記の例のように実績のない二重価格。バナーで宣伝するダイエット食品の効能に根拠がない。

・ドロップシッピング……アフィリエイトに似ているが、購入者と直接やりとりがあるのがこのドリップシッピング。在庫を抱えることなくウェブやメールベースで管理が行えるのが特徴。
問題点……表示する効能に根拠がない。実績のない二重価格。

上記の様な消費者取引による広告表示が強化されたら、ネットサービスに多大な影響が出ることは間違いないだろう。

最後におまけとしてネットの声を掲載
・消費者庁GK! じゃなかったGJ!
・フジテレビの韓流コンテンツアウトだな ネットじゃないから関係無いか
・フリーミアムは表示の仕方を変えれば済むことだら、問題ないだろう。
・フジと寒流とオリコンもアウトだよね
・ゾイド板幹部だけど俺に出来ることはないか?

平成23年10月28日 「インターネット消費者取引に係る広告表示に関する景品表示法上の問題点及び留意事項」の公表について[PDF:772KB]

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy