ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

月300円の『ATOK Passport』を提供開始 Win/Mac/Androidで10台までインストール可

ジャストシステムはこのたび月額定額で同社の製品『ATOK』を利用できるサービス『ATOK Passport』を発表した。『ATOK Passport』はWindows、Mac、Androidと異なるプラットフォームでも月額300円で全て使うことが可能となっている。これまでは『ATOK』定額制サービスがあったが、それを拡充した形になり、300円で自動アップデート、マルチプラットフォームに使うことができる。さらにソフトウェアも10台までインストールが可能となっている。

製品の内容はパッケージ版と変わることなく、同様に利用できる。今回の『ATOK Passport』リリースに踏み切ったジャストシステムに少し話を聞いてみたのでご覧頂きたい。

記者 『ATOK Passport』は既存の定額制と違ってプラットフォームを問わずに導入できるという認識で良かったですか?
ジャスト サービスの内容としてはWindows、Mac、Androidに10台まで導入して頂けます。
記者 製品版との差別化も特にないんですか?
ジャスト 製品版は新しい製品が出たら買って頂くことになるんですが、定額制は毎月300円払って頂ければ、WindowsとMacでしたら自動的に最新版にアップデートされます。
記者 パッケージ版をハイブリッドにするという予定はないんでしょうか。なんかパッケージ版を買った人が損をしたと言う意見が出ていて。
ジャスト 全部パックですかね?
記者 全部とは言わないですが、買って頂いた方に救済措置みたいなものは。
ジャスト いまのところはないですね。
記者 ということは、パッケージユーザーと『ATOK Passport』は完全に住み分けと言う感じですかね。
ジャスト そうですね。今までにもWindowsとMacが合わさったパッケージもあったんですよ。
記者 ありましたね。
ジャスト それと2008年に『ATOK』定額制が始まった際に、パッケージユーザーから定額制へ流れなかったんですね。Android版もこの間10万ダウンロードになりまして、Android版から『ATOK』を使ってもらえたらと思っております。ほかのプラットフォームから『ATOK』を使ってもらえたらと思いまして月額300円としました。

少し好調なAndroid版『ATOK』からWindows、Macのシェアを伸ばす戦略でもあるようだ。こちら『ATOK Passport』2011年11月8日の朝10時から開始。

やっぱり日本語入力はATOKだよね。

ATOK Passport

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。