ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android 4.0(Ice Cream Sandwich)システムUIのスクリーンショット

Android 4.0のSDK ROMをNexus Sにインストールして撮影したAndroid 4.0のスクリーンショット(システムUI編)です。カスタムROMなのでリリース版のAndroid 4.0とは異なる場合があります。

ロック画面

デザインはHoneycomb、操作方法はGingerbreadといった感じになっています。画面下中央のアイコンを鍵アイコン側にスライドさせるとロックを解除でき、カメラアイコン側にスライドさせるとロックが解除されると同時にカメラが起動します。Ice Cream Sandwichではロック画面そのものを無効にできること、また、画面上に所有者情報(フリーテキストです)を表示できるようになっています。紛失時に役立つかも知れません。

ホーム画面

アプリドロワーボタンの行にもアプリを配置できるようになりました。アプリを入れ替えることもできます。ゴミ箱アイコンが画面上部に移動されています。ホーム画面は全部で5つ。

Ice Cream Sandwichのホームアプリはデフォルトでランドスケープ表示にも対応しています。

アプリドロワー

基本は横スクロールのページ切り替え方式です。「アプリ」タブではアプリ一覧、「ウィジェット」タブではホーム画面に配置するためのウィジェットおよびショートカットが一覧表示されます。その右側にはマーケットを直接起動できるショートカットが配置されています。

ウィジェットとホーム画面長タップメニュー

ウィジェットはAndroid 3.1以降と同様にリサイズできます。Gingerbreadでホーム画面を長タップするとウィジェットやショートカット、壁紙、フォルダメニューが表示されますが、Ice Cream Sandwichでは、壁紙の選択画面が表示されます。

Google検索

Ice Cream Sandwichでは、画面上部にGoogle検索バーが表示されるようになっています。ホーム画面を切り替えても表示されます。UIは次の図のような感じで、これまでのものと操作方法は同じですが、デザインが新しいものになっています。音声検索のデザインも変わっています。

マルチタスク

(物理・タッチ式ボタン端末の場合)ホーム画面を長タップすると、Honeycombで新たに搭載された上下にスクロール可能なアプリ履歴・起動中アプリ一覧が表示されます。Ice Cream Sandwichのマルチタスク画面では、表示されているアプリのサムネイルを右か左にフリックすることで停止することができるようになっています。結構便利だと思いますし、なんか楽しいですね。

もちろんランドスケープ表示にも対応しています。

通知バー

基本的にはGingerbreadと変わりませんが、表示される写真サイズが拡大され、マルチタスク画面と同様に、通知を左右にフリックすることで個別に閉じることができるようになっています。画面右上の×アイコンをタップすると一度に全ての通知を閉じることができます。

「menu」ボタンを押したときに表示されるメニューUI(左図)、音量調節時のUI(中央)、選択画面のUI(右図)。グレーがかった背景に水色のアクセントがHoneycombライクですね(Honeycombのアクセントカラーはライトグリーンですが……)。

アプリによっては、「menu」ボタンを押した時にホワイト系のメニューが表示されます(中央、右図)。入力したテキストを選択したときのUIが左図です。Honeycombのようにコンテキストメニューが画面上部に表示されます。入力したテキストを長タップすると、「REPLACE」という代替文字に変更できるメニューが表示されます。

「設定」画面

「無線LANとネットワーク」の中にあったWi-FiとBluetoothのON/OFFがトップに表示されるようになりました。サクッとON/OFFできますね。また、「データ通信」ではモバイルデータのON/OFFや、Ice Cream Sandwichで新たに追加されたバックグラウンド通信の個別制御の設定を行うことができます。「その他……」では、機内モードやVPN、テザリング、NFC、APN設定等を行うことができます。「設定」画面については別の記事で紹介しようと思います。

システムアプリの無効化

Ice Cream Sandwichではシステムアプリを個別に無効できるようになりました。無効にしてもアプリは削除されませんが、UI上に表示されなくなり、アプリの起動を止めることができます。しかし、他のアプリやサービスと連動するアプリを無効にした場合、関連するアプリが利用できなくなるという旨の注意が表示されます。無効にしたアプリは再度有効にできます。

フォルダ機能

Ice Cream Sandwichでは、アプリアイコンを重ね合わせるだけでフォルダを作成できるようになりました。なので、システムからフォルダ作成というメニューが削除されています(たぶん)。1つのフォルダには計16個のアプリを含めることができます。

Googleアプリやその他の機能については別途紹介しようと考えております。


(juggly.cn)記事関連リンク
英Phones4U、Galaxy Nexusを11月16日に発売予定
Samsung、Galaxy S II HD LTEを明日27日より韓国で発売
米T-Mobile、Galaxy Wベースの「Samsung Exhibit II 4G」を発表、米国時間10月27日に発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。