【講習で取れる資格】簡単に取得出来るけどプロの資格! 『第三級陸上特殊無線技士』を取得してきました!

access_time create folderデジタル・IT

187548

簡単に取得出来るけどプロの資格!資格ゲッターの中でも人気の「資格」とは……?

今まで、「就職や転職をする時に、ライバルに一歩差を付ける為に、履歴書に書く事が出来るような資格」の取得体験レポートを執筆して来た筆者ですが……。

967e200c3e0ded662fcefe5e2648763c_l

この度、特に就職や転職に有利だと言われる「プロの資格」を取りまくる事にしました。

112856b

数ある「プロの資格」はピンからキリまでありますが、どうせ資格を取るなら、「国家資格」、なおかつ「業務独占資格(ぎょうむどくせんしかく)」を取得したいところです。

国家資格とは、一般に、国の法律に基づいて、各種分野における個人の能力、知識が判定され、特定の職業に従事すると証明されるものとされる。また資格の制度に法的な裏付けが存在し、そこ(根拠法)に資格付与方法・資格付与基準についての明確な記述があり、中央省庁または都道府県レベルの地方自治体が所管する資格を指す[リンク]

業務独占資格(ぎょうむどくせんしかく、occupational licensing)とは、ある業務に対して、ある資格を有する者のみが行うことができる旨の法令の定めがある場合における、その資格をいう。[リンク]

さて、「国家資格」、なおかつ「業務独占資格(ぎょうむどくせんしかく)」の中でも、就職や転職に、特に有利な資格があります。

その資格とは……!

トランシーバー001 キャプチャ

それが、『第三級陸上特殊無線技士』の資格です。

『第三級陸上特殊無線技士』の資格とは・・・?

陸上特殊無線技士(りくじょうとくしゅむせんぎし)とは、無線従事者の一種で電波法第40条第4号ハに政令で定めるものと規定している。 総務省所管。平成元年(1989年)制定された。英語表記は”On-The-Ground Special Radio Operator”。[リンク]

「第三級陸上特殊無線技士」の資格を取得する事で、陸上の無線局の無線設備(レーダー及び人工衛星局の中継により無線通信を行う無線局の多重無線設備を除く)で、次に掲げるものの外部の転換装置で、電波の質に影響を及ぼさないものの技術操作、

1. 空中線電力50W以下の無線設備で25010kHzから960MHzまでの周波数の電波を使用するもの
2. 空中線電力100W以下の無線設備で1250MHz以上の周波数の電波を使用するもの

の業務を行う事が出来ます。具体的には、

同報系防災行政無線の固定局、警察無線・消防無線・鉄道無線・タクシー無線などの陸上移動局や基地局、ラジコンヘリコプターに搭載したり船舶・航空機に任意に持ち込む携帯局やその相手方の携帯基地局などの技術操作

を行う事が可能です。これらの現場で仕事を行う際に必要になる事が多い、まさにプロの資格ですね。

そんな「第三級陸上特殊無線技士」の資格は、国家試験で資格が取得出来るほか、総合通信局長の認定を受けた団体が実施する養成課程を受講して、終了試験に合格する事で、資格を取得する事が出来ます。

受講資格には制限なし、つまり業務経験ゼロでも受講可能です。

講習科目は以下の通りです。

無線工学:2時間 法規:4時間 1日間講習

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde37326

「1日で資格取れちゃうんだ!」

1 2 3次のページ
access_time create folderデジタル・IT
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧