ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Samsung、Galaxy Tab 7.0 Plusを米国では11月13日に発売、16GBモデルは$399、32GBモデルは$499

米Samsungが7インチHoneycombタブレット「Galaxy Tab 7.0 Plus」の米国での発売日と価格を発表しました。日本では「Galaxy Tab 7.0 Plus SC-02D」として発売される端末です。今回発売が発表されたのは、Galaxy Tab 7.0 PlusのWi-Fi Onlyモデルで、米国時間11月13日より発売されます。発売に先立ち、米国時間10月23日より予約受付が開始されます(既に予約を開始したショップはありますが・・・)。価格は16GBモデルで$399、32GBモデルで$499。Galaxy Tab 7.0 Plusは7インチWSVGA(1,024×600ピクセル)サイズPSL液晶ディスプレイ、Samsung Exynos 4210 1.2GHz(デュアルコア)、1GBのRAM、背面に300万画素/前面に200万画素カメラを搭載。Wi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 3.0、DLNA、Wi-Fi Diretなどに対応します。SamsungによるとGalaxy Tab 7.0 Plusには家電などを操作できる赤外線リモコン機能が搭載されているそうです。バッテリー容量は4,000mAh。Source : Sasmsung Mobile USA 


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony、海外で「Music Unlimited」のSony Tablet向けサービスを開始
TSUTAYA.com、Android端末向け動画レンタルサービスを開始
Motorola RAZRのAndroid 4.0へのバージョンアップ時期は2012年始め頃

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。