ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • ステイサム本領発揮! モンスターペアレンツを瞬時に撃退 『バトルフロント』
  • 【動画】ビリー・ロード、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』レイ役のオーディションを受けたと告白
  • 血のつながらないセクシー姉に翻弄される日々……男子高校生の夢がつまってる! 映画『鬼灯さん家のアネキ』
  • 映画と一緒に何飲みたい? ガジェ通・映画系記者が選んだのはダントツでアレ「3時間超えのアクションにもピッタリ!」
  • ナンジャタウンで映画『シン・ゴジラ』イベント開催! 歴代怪獣メニューにテンションが上がる
  • 【独占記事】キャリー・フクナガ監督の映画『Noble Assassin(原題)』、脚本家が決定
  • 【独占情報】リー・ビンビン、サメ映画『Meg(原題)』へ出演交渉中
  • タイ・台湾・韓国での劇場公開も! ハローキティ40周年記念映画『くるみ割り人形』Blu-ray&DVD発売日決定 [オタ女]
  • 『007 スカイフォール』で初体験! 109シネマズのIMAXはスゴかった
  • ドルフ・ラングレン、米ワーナー・ブラザースの映画版『アクアマン』に参加へ
  • 眺めるだけでアガる! 特典のボリュームがハンパない『スター・ウォーズ/最後のジェダイ 4K UHD MovieNEX プレミアムBOX』の中身を全部撮影
  • 福満しげゆき作品を実写化!『ヒーローマニア』豊島監督インタビュー「“ヘタレ”が自警団をやる面白さ」
  • 動物たちの“サイズ感”にこだわりアリ! 『ズートピア』が他の動物アニメと一線を画す理由
  • 米ワーナー・ブラザースによるリブート版映画『キャノンボール』、イータン・コーエンが監督に決定
  • 登場人物や広島の裏社会の“ウラ”を赤裸々に告白!? 映画『孤狼の血』サイトでコラム『club梨⼦で乾杯!』がスタート
  • 米国に次いで2位! 『アナと雪の女王』韓国で異例の大ヒット

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

【動画】奥行きある演出に迫力の殺陣! 舞台『曇天に笑う』再演中 曇家三兄弟の生き様を見よ[オタ女]

曇天

唐々煙先生原作、2014年にはTVアニメ化もされた『曇天に笑う』の舞台が天王洲 銀河劇場で6月5日まで公演中。この舞台は昨年2015年2月に初演された大ヒット公演の再演。オリジナルキャラクターと独自の切り口で好評だった初演のアンコールの声を受け、約1年で再演となりました! 今回は6月10日、11日に大坂公演も実施。

脚本はTVアニメの脚本も担当した高橋悠也さん、演出は劇団鹿殺しの座長・菜月チョビさん。

※すべての画像・動画入りの記事はOtajoでご覧ください
http://otajo.jp/61047[リンク]

3

玉城裕規さん、百瀬朔さん、細貝圭さんといった前回からのキャストに加え、新キャストとして曇空丸役に植田圭輔さん、金城白子役松田凌さんが参加。

舞台の様子を画像満載でお届け。さらに最後には動画でチラ見せしちゃいます!

再演も納得! 舞台版『曇天に笑う』

ストーリーはほぼ原作にそって進みますが、錦が町娘になっていたり、ゲロ吉が登場しなかったりと異なる点もあります。しかしそれほど違和感なく、初見の人でもわかりやすくまとめられているのがこの舞台。

8 7 13

白子との出会いのシーンや天火の過去も描いてくれます。

6 17 9

瞬時にキャラクターのイメージが伝わってくるキャスト陣の演技はもちろん、スムーズな流れや奥行きを感じさせる舞台演出が本当に素晴らしい!

5 2

セットへの巧みな映像投影、また自然なセットの転換シーン。獄門所の囚人たちを看守が急き立てセットを運ばせるなど、作品世界の関係性も見せながら場面を移していくのですんなりと惹き込まれていきます。こういった演出は舞台だから見せられるもの。

これはキツそう……殺陣ばかり!

もちろん曇家三兄弟の日常を描くほのぼのとしたシーンもあるのですが、その中でも天火と空丸の稽古の場面があったり、とにかく殺陣が多い! 

14

とにかく剣を振るう天火。

18 20

犲(やまいぬ)の戦闘シーンも迫力満載。

22 19

風魔小太郎との戦いまで、本当に戦いまくり!

公演は約3時間。これを1日2公演行う日があるなんて……。これは本当にキツそう!

21

細貝さんは「約5週間稽古をしてきてみんな体力的に追い込まれている中、こうして誰一人怪我することなく初日を迎えられるということを嬉しく思っております」とコメントし、玉城さんも「体力的にもハードな舞台なので、千秋楽、生きて笑って終えられるように」と語ったこの舞台。必死にやりぬくキャストのみなさんの強い意思と迫力を感じられる3時間となっています。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき