ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Motorola、”RAZR”ブランドのAndroidスマートフォン「Droid RAZR/Motorola RAZR」を発表、厚さ7.1mm、4.5インチ有機EL、1.2GHzデュアルコア、11月以降グローバル展開

米Motorolaと米Verizonは米国時間10月18日、厚さ7.1mm薄型の米Verizon向けのLTEスマートフォン「Droid RAZR」を発表しました。11月上旬の発売に先立ち、10月27日より予約受付が開始されます。価格は米Verizonとの2年契約で299。Motorolaはこの製品をグローバル展開することも発表しました、米国国外では「Motorola RAZR」として販売されます。発売時期は11月以降。(通信方式や対応周波数は地域モデルによって異なると思います。Verizon版はLTEにも対応します)Droid RAZRは、Android 2.3.5(Gingerbread)、4.3インチqHDサイズのSuper AMOLEDディスプレイ、1.2GHzのデュアルコアCPU、1,780mAhバッテリー搭載しながらも、厚さは約7.1mm、質量は約127gとスリムで軽量なボディが特徴の端末。ディスプレイパネルにはゴリラガラスが、本体には高い強度のKEVLAR(ケブラー)素材が使用されています。1GBのRAM、16GBの内蔵ストレージ(16GBのマイクロSDHCカード付属)、背面に1080pフルHD動画を撮影可能な800万画素CMOS/前面に130万画素CMOSカメラを搭載。PC上の音楽を端末にダウンロードあるいはストリーミングできる「MotoCast」、タスクの自動化と節電を支援する「Smart Action」、AtrixやPhotonなどに提供されているマルチウィンドウ環境”Webtop”などが搭載されています。”Webtop”対応端末なので、10.1インチディスプレイを搭載したノートPCドック「Lapdock 100」に対応するほか、専用のHDステーションも提供されます。 OS:Android 2.3.5(Gingerbread) サイズ:厚さ7.1mm、約127g ディスプレイ:4.3インチ、解像度960×540(qHD)、有機EL チップセット:TI OMAP 4 1.2GHz(デュアルコア) GPU:PoweVR SGX540 メモリ:1GB RAM、16GB ROM 外部メモリ:microSD/microSDHC(最大32GB)※16GBがプリインストール リアカメラ:800万画素CMOS、AF、フラッシュ付き、1080pフルHD動画撮影可能 フロントカメラ:130万画素CMOS 対応周波数:- ネットワーク:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 4.0 外部端子類:3.5mmオーディオジャック、マイクロUSB、マイクロHDMI センサー類:加速度、ライト、近接、デジタルコンパス、ジャイロ、GPS/A-GPS対応 バッテリー:1,780mAhSource : Motorola


(juggly.cn)記事関連リンク
Motorola、Photon ISW11M用ドッキングステーション「HDステーション」を10月21日より発売
Optimus LTE?「LG-930」のカナダBell向けモデルがWi-Fi Allianceの認証を通過
東芝の厚7.7mm薄型Honeycombタブレット「AT200」は、ドイツでは11月下旬に発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。