ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドコモ冬春モデル発表会 LTE対応含むAndroidスマートフォン13機種を一挙レポート

ドコモ冬春モデル発表会 LTE対応含むAndroidスマートフォン13機種を一挙レポート

NTTドコモは、2011~2012年冬春モデルの新製品発表会を開催しました。iモード携帯電話を含む全24機種中、Androidスマートフォンは13機種。BlackBerryスマートフォンも含めると6割近くがスマートフォンというラインアップに。Androidスマートフォンでは同社のLTEサービス『Xi(クロッシィ)』対応モデルが4機種、防水、『おサイフケータイ』、赤外線、ワンセグ、テザリングに対応する“全部載せ”モデルが9機種。今回のモデルから、デュアルコアやHDディスプレー搭載など先進機能を搭載したハイスペックモデルを『docomo NEXT series』、カラーやデザインを選べる親しみやすいモデルを『docomo with series』として分類することが発表されました。

※記事には多くの写真を掲載しています。すべての写真が表示されない方はガジェット通信をご覧ください

BlackBerryを含む14機種を発表

発表会では、BlackBerryを除く13機種のAndroidスマートフォンをNTTドコモ代表取締役社長の山田隆持氏と同社プロダクト部長の丸山誠治氏で分担して紹介。ここでは発表順に各機種を紹介していきます。

LTE対応と大画面・1.5Ghzに生まれ変わった『GALAXY S II LTE SC-03C』

『GALAXY S II LTE SC-03C』を発表

まず『docomo NEXT series』でLTEサービス対応の『Xiスマートフォン』として最初に発表されたのがSAMSUNG電子製の『GALAXY S II LTE SC-03C』。LTE対応のほか、現行製品の『GALAXY S II』に対して、ディスプレーを4.3インチから4.5インチに、デュアルコアCPUを1.2GHZから1.5GHzにクロックアップした製品です。11~12月の発売を予定しています。

ディスプレー面 背面

厚さは約9.5mmと、現行製品の約8.9mmより少し厚くなりましたが、全体的にサイズアップした分、あまり気にならないサイズ感。Android OSのバージョンは2.3.6でした。4.5インチWVGA(800×480)の『Super AMOLED Plus』ディスプレー、CPUは1.5GHzのAPQ8060デュアルコアを搭載し、バッテリー容量は1850mAh。テザリングに対応しますが、現行製品で対応するワンセグは非対応となっています。

『GALAXY S II LTE SC-03C』主な仕様
OS:Android 2.3
Xi:対応
サイズ:約W69×D129×H9.5mm
重量:約130g
3G連続待ち受け時間:未定
LTE連続待ち受け時間:未定
GSM連続待ち受け時間:未定
連続通話時間(3G/GSM):約350分/約360分
ディスプレー:約4.5インチ 480×800 WVGA 有機EL 1677万色
外部メモリー:microSD(2GB)、microSDHC(32GB)
カメラ:有効画素数約800万画素CMOS
インカメラ:有効画素数約190万CMOS
CPU:APQ8060 1.5GHz デュアルコア
ROM/RAM:16GB/1GB
テザリング:対応
おサイフケータイ:非対応
ワンセグ:非対応
赤外線:非対応
防水:非対応
カラー:Dark Grey

HDディスプレーとデュアルコア搭載の全部載せLTE『MEDIAS LTE N-04D』

『MEDIAS LTE N-04D』を発表

『Xiスマートフォン』2機種目はNECカシオモバイルコミュニケーションズ製の『MEDIAS LTE N-04D』。薄型・防水で人気を集めた機種が、HDディスプレーとデュアルコアCPUでパワーアップしています。防水のほか、『おサイフケータイ』、赤外線、ワンセグ、テザリングに対応する全部載せスマートフォン。2月の発売を予定しています。

ディスプレー面 背面

会場ではモックアップを展示。約4.3インチのHD(1280×720)ディスプレー、CPUは1.2GHのAPQ8060デュアルコアを搭載し、バッテリー容量は1520mAhです。

1 2 3 4 5 6次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy