ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カシオ、Bluetooth v4.0対応のスマートフォンと通信できるG-SHOCK腕時計「GB-6900」を12月下旬発売、価格は18,900円(税込み)

カシオ計算機は10月18日、Bluetooth v4.0対応のスマートフォンと通信できるG-SHOCK腕時計「GB-6900」を12月下旬より発売すると発表しました。カラーはブラック、レッド、ホワイトの3色で、メーカー希望小売価格は18,900円(税込み)。現時点での対応機種は、NTTドコモ向け「MEDIAS LTE N-04D」、「MEDIAS PP N-01D」、au向け「MEDIAS BR IS11N」、ソフトバンク向け「MEDIAS CH 101N」の4機種。「GB-6900」とBluetooth v4.0対応のスマートフォンを組合わせることで、「GB-6900」の時刻の自動補正やタイムゾーンの自動更新、スマートフォンで受けた着信やメールの通知、スマートフォンを見失った場合など、時計のボタンを押すことでスマートフォンのアラームやバイブを作動させることができる「ファインダー機能」などを利用できるようになります。このほか、スマートフォン用アプリでさまざまな使い方ができると言われています。「GB-6900」はコイン電池(CR2032)1個で動作する仕様で、その電池寿命は通信機能を1日に12時間使用した場合2年くらいと言われています。G-SHOCKなので耐衝撃構造で20気圧防水に対応しています。サイズは53.2×50.0×17.7mm、重量は約64g。Source : カシオ計算機


(juggly.cn)記事関連リンク
GL BenchmarkサイトにGalaxy Nexusが登場
NTTドコモ、Xiスマートフォン向け料金プラン、パケット定額プランを発表
NTTドコモ、テザリング料金の引き下げを発表、11月1日から適用

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。