世界第二位の軍事費を誇る『イギリス軍』 VS みんなで行こう『ワークマン』

access_time create folder生活・趣味

st-bul000_R

工場勤め20年オーバーの筆者ですが、その前のドカチン時代も含めて『ワークマン』にはお世話になっております。

というわけで、日常の生活にも『ワークマン』を取り入れている生粋の労働者である筆者が、今イチオシの商品を紹介したいと思います。

しかし!

それ単体では記事としてのインパクトに欠け、すなわちボツる可能性は否めないので抑えとして、これまた昔からお世話になっている“ミリタリーサープラス”(軍放出品)の中でも、安くて実用的なモノを選んで対決させる事にしてみました。

『ウインドストップ ストレッチブルゾン』(税込み2900円)

st-bul002_R

コチラは『ワークマン』の意欲作である『ウインドストップ ストレッチブルゾン』で御座います。

その名の通り、ウインドブレーカー的な感じで風をシャットダウンしつつ、ストレッチしちゃうので動くの楽だぜHEY!みたいなコンセプトの服ですね。

『ウインドストップ ストレッチブルゾン』が地味にイイ!

st-bul001_R

最初に気が付いたのは、生地のストレッチ性能よりも“軽量さ”でしょうか?

生地は非常に薄く柔軟に作られているのですが、内部に特殊なフィルム的なモノを挟む事で防風性能を高めています。

レンジャーロールでコンパクトに!

DSCF3030_R

レンジャーロールとは軍隊で衣料品をコンパクトに収納する為のテクニックで御座います。

要は適当な幅に折り畳んだら、端っこからギュウギュウに絞る感じでクルクルと巻いていくのです。

するとどうでしょう?

普通に服を畳むよりも圧縮されるので、コンパクトに衣類を収納する事が出来るのです。

さらに登山などでは、より圧縮する為に“ジップロック”などのビニール袋に入れて内部の空気を抜き、さらにコンパクトに収納したりします。

今回は適当な大きさのジップロックが家に無かったので、適当なビニール袋に入れて口を縛ってみました。重さは350グラムに収まり、ウインドブレーカーとしては軽量な部類に入ると思われますね。

DSCF3031_R

ちなみに筆者はバイク通勤で使っていますが、作業服の上から着てもストレッチするので動きやすく、防風性能も完璧で御座います。

無論、保温性は低くあくまでも“防風性”に特化した服なので、寒い時期であれば下に保温性の高い服を着る必要はあります。

しかし!

バイクで走っていても風を通さない防風性能の高さは、このコンパクトさ&重さを考えると驚異かと存じます。

ジッパーが斜めだ……と?

st-bul003_R

そして、何より気になるのが斜めに縫製されたフロントジッパーではないでしょうか?

st-bul005_R

「ジッパーを斜めに取り付ける事で、片手で開閉しやすい!」

とのコンセプトらしいのですが、若干片手での開閉には困難かと思われ、さらにジッパーを開けた状態で着用すると、首周りのアシンメトリー感が半端ありません。

『ウインドストップ ストレッチブルゾン』 総評

st-bul009_R

ほぼ完璧な防風性能と350グラムを切る軽量さ、お値段2900円(税込)とコスパも高い『ワークマン』の『ウインドストップ ストレッチブルゾン』はオススメで御座います。

st-bul012_R

特に原チャリ通勤で「バイク専用ジャケット」を着る程ではない、バイクライトユーザー層にはベストですね。

また山を歩くにもコンパクトに収納出来て軽量な『ウインドストップ ストレッチブルゾン』は必須かもしれません。

『イギリス軍 防水パーカー』(5800~9800円)

DSCF3029_R
1 2次のページ
access_time create folder生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧