ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ジョブズはあえてリスクをおかす人だった」 孫正義×ルース大使 対談全文(前編)

「共通点」の多い孫氏とルース大使

 先日亡くなったアップル創業者スティーブ・ジョブズ氏と「一緒に仕事をしたことがある」という共通点を持つソフトバンクの孫正義社長と米国のジョン・ルース駐日大使が2011年10月15日、対談した。これはアメリカ国務省のwebサイト「ConnectUSA」が主催するオープンキャンパス「時代を創る二つの作法vol.2」で行われたもの。海外留学や起業をテーマにしたこの対談で孫氏は、若い頃、ジョブズ氏が「『Apple II』を発表し、まさにヒーローになろうとしている」現場に立ち会った興奮を語ると、ルース大使はジョブズ氏と同じ年齢で、シリコンバレーで同社が成長する様子を目にしたと述べた。ルース大使によると、ジョブズ氏は「大きなビジョンを持っており、『あえてリスクを冒す』人だった」という。

 以下、対談を全文書き起こして紹介する。

・[ニコニコ生放送] 全文書き起こし部分から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv66635936?po=news&ref=news#0:11:07

■日本では海外留学する学生が減少傾向

司会: それでは、大変お待たせいたしました。いよいよトークセッションのスタートです。さっそく登場してもらいましょう。1980年にスタンフォード大学法科大学院を卒業後、カリフォルニアのシリコンバレーで25年に渡り弁護士として活躍。数々の革新的な企業をサポートし、全米最大のハイテク専門法律事務所のトップも務めました。2009年8月に駐日アメリカ大使に就任。着任してからこれまでに全国40の都道府県を訪れ、去年8月にはアメリカ政府代表として初めて広島平和記念式典に出席しました。東日本大震災の後は被災地を何度も訪れ、アメリカによる震災対応の先頭に立っています。「日本の若者たちにグローバルな視野を持ってもらいたい。それこそが日本の未来とこれからの日米関係の鍵を握ると信じています」。皆様、大きな拍手でお迎えください。ジョン・ルース、アメリカ合衆国大使です。

会場: (ルース氏登壇。拍手が起こる)。

司会: :続いて、もう一方ゲストをお迎えしましょう。佐賀県生まれの福岡育ち。16歳の時に単身アメリカに渡り、1980年にカリフォルニア大学バークレー校を卒業。翌年、現在のソフトバンク株式会社を設立します。94年に株式公開。96年には「Yahoo!JAPAN」を設立し次々とビジネスを展開していきます。そしてインターネット接続サービス「Yahoo!BB」、更には携帯電話事業にも進出し、iPhoneの販売にいち早く乗り出すなど、IT業界の変革の中心となってきました。現在は、東日本大震災の被災地復興支援にも力を入れて取り組まれています。それでは皆様、大きな拍手でお迎えください。ソフトバンク株式会社代表取締役社長・孫正義さんです。

会場: (孫氏登壇。拍手が起こる)。

ジョン・ルース氏(以下、ルース): まず、私の方から開口一番、こちらから孫正義さんに今日お越しいただいたことを本当に心から御礼申し上げたいと思います。これは稀なイベントでありまして、あまりこのような場に出ていらっしゃらないと思いますけれども、私にとりましてもアメリカ政府としても、この「ConnectUSA」のイベントに参加して下さったこと、本当嬉しく思います。まず、孫さんに対しては福岡ソフトバンクホークスの優勝を称えたいと思います。私のチームでありますサンフランスシスコ・ジャイアンツは、残念ながらとてもそこまで行けなかったので、代わりにソフトバンクホークスを応援しております。今日話される内容として海外留学、そしてアントレプレナーシップ、そして東北地方の復興において、とりわけ若い人たちに対して何ができるかというのは、まさに孫さんがロールモデル(ひな型)となりますので、ご自身がここにいるというのは本当に意義あることであります。またMC(司会)の方にマイクを戻したいと思います。非常に活発な会話ができることを楽しみにしています。

孫正義(以下、孫): ありがとうございます。私も楽しみにしています。

「留学経験はないが興味がある」が大多数だが・・・

司会: それでは、ここからお2人の対談を3つのテーマに沿って進めて参りたいと思います。1つ目のテーマは「海外留学」です。今回のイベントでは会場にお越しの皆さんに、事前にアンケートを行いました。まずはその結果からご紹介したいと思います。「留学経験はあるかどうか」という質問に対して、このような結果となりました。「経験がある」31%、「留学経験は無いが興味はある」63%、「考えたことはない」6%となっています。「経験はないけれども興味はある」という人もかなり多く、「経験ある」という人と合わせると9割を超えるという結果になっています。ご自身もアメリカ留学の経験がおありの孫さん、この結果をどんな風にご覧になりますでしょうか。

: 私は驚いております。今日のお客様の中に、これだけ関心度が高いという結果が、海外留学に関して出ました。ただ悲しいと思うこともあるんです。というのもこれ(スクリーンに映し出された表)をご覧ください。ある調査の結果なんですけれども、日本の学生で海外留学をしている人数が相当減ってきている。特に、中国・韓国の留学生と比べて減っているということを指し示しております。これは1つ心配の材料だと思います。日本の若い世代の方々が、もうそこまで海外留学をしたいという積極性が無いということです。そういうことは大使、顕著ですか。

ルース: はい。非常にこのトレンドというか趨勢は落胆するものであります。この数年の間を見てまいりますと、日本の学生がアメリカに留学のためにやってくる数が非常に落ち込んでおりますので、この問題に非常に深い関心を持っております。この表を見て示されているように、中国・韓国・インドそして多くのヨーロッパ諸国からの留学生は非常に増えているわけです。

: では、そのアメリカがもうエキサイティングでない国になったという魅力が無くなったわけではなく、日本人が海外留学の情熱を失っているということですか。

1 2 3 4 5 6 7 8次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy