ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Motorola、「XOOM Family Edition(MZ505)」を10月16日発売、価格は$379

Motorolaが小さい子供から大人まで、家族で使うことを想定したXOOMタブレット「Motorola XOOM Family Editon(MZ505)」を発表しました。米国の家電量販店チェーン大手Best Buy限定で10月16日より発売されます。価格は$379(約29,100円)。XOOM Wi-FiベースのFamily EditionにはAndroid 3.1が搭載されています。幼児向けゲームや動画などの幼児教育用コンテンツと、ホームボタンをロックして子供がタブレットを使用する場合は特定の機能にしかアクセスできないようにする、Zoodlesの年間ライセンス約$40はするKid Mode(チャイルドロック)アプリがプリインストールされています。その他、ネットワーク接続されたプリンタで印刷できる「MotoPrint」、Motorola厳選アプリをダウンロードできるアプリストア「MotoPack」、オフィスアプリ「QuickOfice Pro HD」、ゲームアプリ「Asphalt 6」や「SIM City Deluxe」もプリインストールされています。スペックは、10.1インチWXGAサイズのIPS液晶、デュアルコアプロセッサー、1GBのRAM、16GBの内蔵ストレージ、背面に500万画素CMOS/前面に200万画素CMOSなどを搭載。通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1EDRのみ。Source : Motorola 


(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung GT-I9250MとSC-04DがWi-Fi Allianceの認証を通過
Xperia pro向けCyanogenMod 7.1が近く公開(ティーザー動画あり)
Sony Ericsson、Xperia arcやray、PLAY、mini proなどにAndroid 2.3.5ベースのソフトウェアを年内に提供?

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。