ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

実家が葬儀屋のKenKen 「お葬式のサクラのバイトなんてあるの!?」

実家が葬儀屋のKenKen 「お葬式のサクラのバイトなんてあるの!?」
J-WAVE月曜−木曜の22時からの番組「AVALON」。5月10日(火)のオンエアには、火曜のナビゲーターを務める「我流の会」代表のKenKenが登場。今週のテーマは「NEW GENERATION達のアルバイト事情を調査せよ」

なかでもプレジデントが「我流の会」に与えた政策課題は「ディープでマニアックなアルバイトを調査せよ」でした!

これに対して、KenKen代表が打ち出したマニフェストは「職場を点数化せよ! バイト“食べログ”制導入法案」。グルメサイトで飲食店が点数で評価されているように、バイトを募集している会社も実際にそこで働く人たち、働いたことがある人たちの評価を元に点数化してしまおうという法案です。

まず、番組の冒頭では、実際に経験したアルバイト事情を街で聞き取り調査。実は15歳でベーシストになったKenKenはバイト経験が1度もないということで興味津々です。


「葬式のサクラとかやったことがあります。泣くとわざとらしくてバレるから、泣かなくていい。結構大きい会社の社長のお父さんが亡くなったということで、見栄張りたいのか分からないけど、喪服着て参列して5万もらいました」

「JKカフェでやってるコとかいる。お客さんと話すみたいな。歩合制で多いコは1日6万円とか」

「店長の手と足が出る焼き鳥屋でバイトしていたんですけど、ブラックで1カ月に30人ぐらい辞めていった」


これを聞いて「バイトしたことがない俺にとっては情報量が多すぎる!」と困惑したKenKen。さらに、実家は葬儀屋さんということで「葬式のサクラなんて聞いたことがない」と衝撃を受けていました。

そして、気になるサポーターからの賛否の声はというと、賛成派からは次のような声が寄せられました。


「俗にいうブラック企業がまるわかりになるし、就職活動も失敗しなくなりそう。離職率も低くなりそうだし賛成!」

「実際にバイトを選ぶ際に、数字がすごく参考になります。募集している求人広告には、リアルな仕事の内容などはほとんど書かれていないと思うので(いいことしか言わないですよね?)今回の法案に賛成します」


一方、反対派からはこんな意見も。

「若い人をアルバイトとして雇っている側の意見として、雇い主が点数をつけられるようになったら、潰れるお店もぜったい増えると思います。ちょっとでも怒るようなら“悪い評価つけよう”とかなったりして、バイトのほうが偉くなりすぎる気がします」

これには、さすがのKenKenも「たしかに、点数をつけたりすると、いいことばかりではなさそうな感じもするな…」と思案していました。

そして最後のサポーターの投票結果は「賛成79%」「反対21%」「職場を点数化せよ!バイト“食べログ”制導入法案」は可決!

水曜の満島真之介代表、木曜の渡辺直美代表は、一体どんなアルバイト事情を調査するのでしょうか? お楽しみに♪

【関連サイト】
「AVALON」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

KenKen「俺はゆとり教育すら放棄した最低のゆとり!」(2016年04月27日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/kenken-1.html

KenKen 1週間で6キロも痩せる大失恋をしていた!(2016年04月20日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/kenken-16.html

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy