ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 不条理“子殺し”スリラー『マッド・ダディ』 母の日特別映像でニコラス・ケイジがブチギレまくる[ホラー通信]
  • 「キンプリはいいぞ」からの快挙! 興行収入2.5億円突破! 映画『KING OF PRISM by PrettyRhythm』サンキュー舞台挨拶レポート
  • 楽屋の外にはネオナチ 目の前には死体―― パンクバンドが命がけの大脱出『グリーン・ルーム』予告編
  • 国境麻薬戦争を描く映画『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』 衝撃の“デル・トロ撃ち”は実際に出来るのかやってみた
  • 米ユニバーサル、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』30周年を記念し『ジョーズ』“19作目”の予告編を公開
  • ニコラス・ホルト、映画『The Current War(原題)』に二コラ・テスラ役で出演交渉中
  • 「映画づくりは他者を見つめること」:8月26日公開『わさび』『春なれや』外山文治監督ロングインタビュー
  • 善意のつもりが食べられた! イーライ・ロスの食人ホラー『グリーン・インフェルノ』日本公開[ホラー通信]
  • 『マトリックス』監督最新作『ジュピター』の銃兵器公開! 伝説の“デッカード・ブラスター”をオマージュ?
  • 【シネマ部】スーツ・メガネ・笑顔にクラクラ! 戸次重幸主演『劇場版エンドレスアフェア〜終わりなき情事〜』メイキング
  • 映画『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』のストーム・トルーパーのヘルメット、12万ドルで落札
  • メリル・ストリープ29年ぶり3度目の米アカデミー「主演女優賞」受賞
  • 『孤独のグルメ』とは異なる魅力を堪能!『野武士のグルメ』
  • 日本のローカルCM勢い止まらず! “例のUFO”が今度はバットマンと共演してしまう
  • 「事実は小説よりも奇なり」奇想天外な実話映画に注目!
  • まさにヴァルハラ! 世界最大のIMAXシアターで『マッドマックス 怒りのデス・ロード』がリバイバルされるぞ!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

AbemaTV『涼宮ハルヒの憂鬱 24時間ジャック』が史上最高視聴数をマーク!

長門有希

5月3日(火)から5月4日(水)に、インターネット放送局『AbemaTV』(アベマTV)にて放送された『涼宮ハルヒの憂鬱 10周年記念 24時間ジャック!』が、開局以来の視聴数を獲得したようです。

今回の放送は、2006年、2009年に放送された人気TVアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の放送10周年を記念して企画されたものです。
5月3日(火)22時から5月4日(水)22時まで、全28話約12時間を2回連続で放送することで『AbemaTV』内の『深夜アニメ』チャンネルを独占してしまうという企画でした。

5月3日22時から開始された1周目の放送では、視聴数の値が『AbemaTV』開局以来最高だった『弱虫ペダル』一挙放送の1.1mを抜き、全ての番組のなかで最高となる1.2m(120万)に達しました。


続く5月4日10時からの放送ではそれをさらに上回る視聴数1.4m(140万)をマークし、すぐに自己記録を塗り替え、新しい最高記録を打ち立てたのでした。

今回の放送にあたって、株式会社KADOKAWA代表取締役専務執行役員・井上伸一郎氏が情報拡散に協力されたほか、本作担当の作曲家・神前暁(こうさき・さとる)さん、登場キャラクター・谷口役の声優・白石稔さんも視聴に参加されるなど、大きな盛り上がりを見せました。




また、同じ話を8回連続で放送して物議をかもした異色回『エンドレスエイト』が『Twitter』のトレンドワード入りするなどの記録を残しました。

EE500

なお、本作は新展開として7月7日にサウンドトラックボックス『涼宮ハルヒの完奏』の発売を控えています。
本作を今回初めて見た人や、久しぶりに見て熱が再燃したファンが、今回の24時間ジャック放送の影響でサントラ予約や購入に流れることが予想されます。

そういった意味で、今後のインターネットTVとアニメとアニメファンの”いい在り方”の一つを提示したケースと言えるでしょう。

□涼宮ハルヒの完奏|Lantis web site
http://www.lantis.jp/haruhi_comp/

□AbemaTV(アベマTV) | インターネットテレビ局
https://abema.tv/

※『Twitter』からの引用は利用ガイドラインに準じています。
※画像は著者の撮影によるものです。作品の権利は権利者に帰属します。
(c)2006 谷川 流・いとうのいぢ/SOS団 
(c)2007,2008,2009 谷川 流・いとうのいぢ/SOS団

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: いしじまえいわ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。