ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ほとんどの人がビアンカ選ぶと思った」 堀井雄二、ドラクエ5の「花嫁選び」語る

「ドラゴンクエスト」シリーズを手がけるゲームデザイナーの堀井雄二さん

 ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズを手がけるゲームデザイナーの堀井雄二さんは2011年10月7日、ニコニコ生放送の番組で、同シリーズ第5作目の物語中にある「花嫁選び」イベントについて、「ほとんどの人がビアンカを選ぶと思っていた」と話した。

・[ニコニコ生放送]堀井雄二「ビアンカ選ぶと思った」発言から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv66152436?po=news&ref=news#42:06

 「ドラゴンクエスト」(以下、ドラクエ)は、1986年に家庭用ゲーム「ファミリーコンピューター」用ソフトとして第1作目が発売され、「RPG」というジャンルを確立させた人気ゲームシリーズのひとつ。同シリーズは今年で誕生から25年目にあたり、その歴史を振り返る「ドラゴンクエスト展」が10月8日から開催される。開催を翌日に控えた10月7日には内覧会がおこなわれ、この様子がニコニコ生放送で中継された。

 そこに突然登場したのは、ドラクエシリーズを手がけるゲームデザイナーの堀井雄二さん。一部ゲームファンの間では「神様」のように崇められる堀井さんのサプライズ登場に、ニコニコ生放送の視聴者からは、

「マジかよ」
「かみさまあああああああああああ」
「おおおおおおおおおおお」
「堀井さんキタ━(゚∀゚)━!」

との歓喜のコメントがあふれ、番組は大盛り上がり。司会進行を務めていたニッポン放送アナウンサーの吉田尚記さんとゲームライターの志田英邦さんも、予定にない思わぬ展開に「しどろもどろ」になっていた。

■堀井雄二「人生は賭け、真剣に悩んで欲しかった」

ニコ生視聴者向けのアンケートでは、「ビアンカ派 74.4%、フローラ派 25.6%」となった

 堀井さんが番組に登場したとき、司会の2人が話していたのは「ドラゴンクエスト5 天空の花嫁」(1992年・スーパーファミコン)の話題。シリーズ第5作目にあたる同作では、物語の途中、主人公が「ビアンカ」と「フローラ」のどちらかを結婚相手として選ぶという「究極の選択」が存在する。

 発売から20年近く経っても未だファンの間で熱い議論となるこの話題ついて、堀井さんは、

「ほとんどの人がビアンカを選ぶだろうと思ってつくったんですよ。結構フローラを選んだ人が多いんですよね。意外と多くてびっくりした。どうして多いんだろうと思った。シナリオ的には(ビアンカを選ぶだろうと)そういう風につくった」

とし、結婚相手にフローラを選ぶプレイヤーが意外に多いことへの「驚き」を語った。また、

「ゲームで、真剣に悩んで欲しいというのをやってみようと思ったんですね。人生は賭けなんだなって(つくったのがドラクエ)5なんですよ」

と当時小中学生のプレイヤーも多くいたであろうドラクエシリーズにおいて、あえて「花嫁選び」イベントを設けた「狙い」も明かした。

 なお、堀井さんが番組から去った後、視聴者に向けておこなわれた「(あなたは)どちら派でしたか?」というアンケートでは、74.4%がビアンカ派、25.6%がフローラ派という結果となっていた。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]堀井雄二「ビアンカ選ぶと思った」発言から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv66152436?po=news&ref=news#42:06

(松本圭司、丹羽一臣)

【関連記事】
ピアニート公爵、即興で「ニコニコクリエイティ部」の部歌をつくる
『ドラクエX』発表 シリーズ初のオンラインゲーム
頭上のファミコンがゲーム音楽を奏でる? サカモト教授の仕組み
さくまあきら『桃鉄』誕生秘話 堀井雄二のアドバイスとは!?
デジハリ学長がニコ動職人に熱いエール、「三重の人はハリウッドで通用するレベル」

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。