ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたのリラックスタイムを懐かしく温かみのある光とアロマで演出する、ヴィンテージな雰囲気の「薬瓶」アロマディフューザー


アロマセラピーを生活に取りいれて、健やかにリラックスできる空間づくりに役立てている人は多い。

アロマオイルは簡単にティッシュなどにつけて香らせる方法からディフューザーによって、より広い空間に効果的に香らせる方法があるが、4月下旬に発売予定のディフューザーは、置いておくだけでもおしゃれなインテリア性の高い商品。

株式会社ラドンナより登場したのは「アロマディフューザー アポセカリーボトル」(7800円・税込)と「アロマファン アポセカリーボトル」(4500円・税込)。細かな霧と光で癒しを演出するアロマディフューザーだ。

デザインのモチーフとなっているのは「薬瓶」。懐かしさと味わいを感じられる佇まいは、ディフューザーそのものが素敵なインテリアとして成立していて、お部屋をクラシカルで温かい雰囲気にしてくれる優れもの。本体にはリアルウッドも使われている。


「アロマディフューザー アポセカリーボトル」はミスト式でアロマを拡散させるシステム、「アロマファン アポセカリーボトル」はファンの風でアロマを香らせる方法。カラーはブラウン・アンバーの2色をご用意しているので、お部屋の雰囲気に合わせて選んでみて。


アロマ香る空間は、嗅覚からダイレクトに心身を癒してくれる。高級でヴィンテージな雰囲気のボトルで、リラックスタイムを演出してみよう。
商品の詳細はこちらへ(http://ladonna-co.net/)。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。