ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

沖縄・小浜島のオバァに学ぶ、歳をとっても元気で暮らせる秘訣

沖縄・小浜島のオバァに学ぶ、歳をとっても元気で暮らせる秘訣
沖縄・小浜島のオバァに学ぶ、歳をとっても元気で暮らせる秘訣

沖縄・石垣島から高速船で約30分。NHK朝の連続テレビ小説『ちゅらさん』で一躍有名になった「小浜島」がある。ここで暮らす平均年齢84歳のばあちゃん合唱団が国内外で注目を集めている。いつも笑顔で元気に歌って踊る、その姿に魅了される。なぜ、この島のオバァたちは、歳をとっても元気なのだろうか。その理由を探る。

80歳が合唱団の正式メンバーになる条件

「KBG84」。書き間違いではない。小浜島ばあちゃん合唱団。平均年齢84歳。略してKBG84だ。「天国に一番近いアイドル」がキャッチフレーズであるKBG84の正式メンバーになるには80歳以上であることが条件。80歳未満は研究生として活動を支える。島のオバァたちは、正式メンバーになれる80歳になるのを楽しみにしているのだ。

KBG84の活動は一過性のものでもなければ、イベントのときだけに借り出されるグループでもない。ごく日常的に集まっては歌や踊りのレッスンをしている。さらにいえば、小浜島にとどまらず、東京や大阪、札幌でもコンサートをするダンス&ヴォーカルユニットなのだ。

もともとは、島の高齢者が家に引きこもるのを防ぐために、発起人の花城キミさん(90歳)の一言ではじまった集まりだった。デイケアサービスの先駆けのような形のボランティア組織「うふだき会」がKBG84の前身。島でひとり暮らしをしている高齢者に声をかけ、食事会や茶飲み話をすることが当初の目的だった。でも、一番盛り上がったのは「初恋の話」だったという。いくつになっても、女性は恋話が元気の源なのかもしれない。

月に一度集まるうちに、昔の歌をみんなで歌ったり、歌が苦手な人は踊りを披露したりと、今の合唱団に繋がる活動をしていくようになったそうだ。

小浜島は、昔からの行事や伝統を大事にする島で、島の人は、みんな芸達者だ。若いころは、子育て、家事、農作業に追われていて、歌や踊りといった楽しみをする時間がなかった。それでも体が覚えている。ようやくすべてのものから解放されて、歌や踊りを楽しめるようになったのが今なわけで、練習にも熱が入る。80歳になってからの楽しさ、喜びを体全体で表現しているかのようだ。【画像1】KBG84の練習風景。東京公演を前に練習に励むが、ちょっとしたことで笑顔がこぼれ、笑い声が響く。赤のポロシャツは正式メンバー。研修生は青のポロシャツ。座る位置も年の順で決まっている。いくつになっても、年下が年上を敬うのは当たり前と、お茶を出す順番も間違えてはいけない(写真撮影:伊藤加奈子) 【画像1】KBG84の練習風景。東京公演を前に練習に励むが、ちょっとしたことで笑顔がこぼれ、笑い声が響く。赤のポロシャツは正式メンバー。研修生は青のポロシャツ。座る位置も年の順で決まっている。いくつになっても、年下が年上を敬うのは当たり前と、お茶を出す順番も間違えてはいけない(写真撮影:伊藤加奈子)【画像2】ボランティアでお昼のお弁当を用意する。島で採れた野菜を持ち寄り、煮つけにしたり、石垣島で買ったデザートを差し入れたりと、実に豪華なお弁当。この日はちょうど2カ月に一度の誕生日会。童心にかえったように全員でお祝いをする。年功序列はあるが、お誕生日会では、一人ひとりが主役(写真撮影:伊藤加奈子)

【画像2】ボランティアでお昼のお弁当を用意する。島で採れた野菜を持ち寄り、煮つけにしたり、石垣島で買ったデザートを差し入れたりと、実に豪華なお弁当。この日はちょうど2カ月に一度の誕生日会。童心にかえったように全員でお祝いをする。年功序列はあるが、お誕生日会では、一人ひとりが主役(写真撮影:伊藤加奈子)

97歳で初めて病院に行き、健康保険証を使う

合唱団のオバァたちは、「人生、80歳からが楽しいさあ」と言う。さらに驚くことに、「つらかった」と愚痴をこぼしたり、過去を振り返ったりはしない。「今、生きていることに感謝する。泣いていたら人は寄ってこない。だから笑顔で毎日を元気に暮らすことが一番」と口をそろえて言う。

当然、戦争を体験し、ツライ思いを抱えているはず。ましてや離島。戦後しばらくたっても、水道や電気は引かれることがなく、ないもの尽くし。現在では想像もつかないほど「不便」であったはずなのだ。それでも、つらかったとは言わない。【画像3】(左)最高齢97歳の山城ハルさん。ゲートボールが趣味。島のはずれにあるゲートボール場まで歩いて通う。ある大会で準優勝したというツワモノだ。(右)山城ハルさんとともにセンターをはる92歳の目仲(めなか)トミさん。普段は杖が欠かせないが、ひとたび音楽が流れはじめると杖を放り投げて踊りだす、合唱団一のムードメーカー(写真撮影:西 秀一郎)

【画像3】(左)最高齢97歳の山城ハルさん。ゲートボールが趣味。島のはずれにあるゲートボール場まで歩いて通う。ある大会で準優勝したというツワモノだ。(右)山城ハルさんとともにセンターをはる92歳の目仲(めなか)トミさん。普段は杖が欠かせないが、ひとたび音楽が流れはじめると杖を放り投げて踊りだす、合唱団一のムードメーカー(写真撮影:西 秀一郎)

合唱団で最高齢の山城ハルさん(97歳)は、こう話す。

「ないのが当たり前。ないならつくればいい。塩も味噌も酢もなんでも自分たちでつくる。米も麦もつくる。それができる島の自然に感謝するわけです。今は何でも手に入りますが、だからと言って贅沢したいとは思いません。贅沢ってなんだろうと思うのです」

山城さんをはじめ、島の人は薬草の見分け方も知っている。風邪をひいたら煎じて飲む薬草、熱が出たら氷枕がわりにする植物、あせもができたら塗る草花、と島に自生するもので大概の病気は治してきたそうだ。笑い話のようだが、山城さんは97歳にして、初めて病院にかかり健康保険証を使ったそうだ。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。