ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クラフトビールパブでお仕事! ビールの奥深さに酔いしれる【突撃!バイト体験レポート】

15_IMGP0126-500x375
ライターのノジーマです。どうも!
突然ですがみなさん、ビール飲んでますか!?
一仕事終えた後のビールって、本当に最高ですよね!

仕事後の一杯のためだけに仕事をしていると言っても過言ではない僕ですが、どうせだったらビールを作ってるお店でバイト体験をすれば、仕事後にもっと美味しいビールを飲めるはず!

というわけで今回は地ビールやクラフトビールを醸造している飲食店で、バイト体験をさせていただけるお店がないか全力で調べました!
 

SPRING VALLEY BREWERY TOKYOでバイト体験!

02_IMGP0066-500x375
そして快諾をいただけたのが、代官山駅から徒歩4分ほどの場所にある『SPRING VALLEY BREWERY TOKYO(スプリングバレーブルワリー東京)』というお店。
店内でクラフトビールを何種類も醸造し、それらのビールに合う本格的な料理も提供しているという、ビールファンにはたまらないお店なのです!
体験させていただけることが決まった時は、それはもう嬉しくて嬉しくて、やっぱりビールで祝杯をあげちゃいましたよね。

それにしても代官山といえば東京でも有数のオシャレな街ですが、そんな街にクラフトビールを作っているお店があるなんて驚きですよね。
 

ビールは全14種類! まずはメニューを覚えることからスタート

05_IMGP0095-500x375
ユニフォームに袖を通し、いよいよ本日のお仕事がスタート!
最初はSPRING VALLEY BREWERY TOKYOで取り扱っているビールの説明を受けます。

お店にはレギュラーのビールが6種類あり、その他にもこの日は期間限定のビールが8種類。
なんと合計14種類ものビールが用意されているとのことでした。これはすごい!!

今回はこれらのビールを注ぐ仕事を中心にやらせていただけるとのことでしたが、もしホールの仕事をする場合は、お客さんから「これってどんなビール?」と聞かれる機会が非常に多くなるため、これらのビールの情報を完璧に覚えなければいけません。
普通の飲食店アルバイトよりも、知識が必要な仕事になりそうですね。
 

クラフトビールを醸造する作業場は職人限定

06_IMGP0157-500x375
続いてビールを醸造する機械についても説明していただきました。
醸造は専門のビール職人さんが行っていて、接客や調理を行うスタッフとは作業が完全に切り分けられているそう。
とはいえ、その作業場は完全にガラス張りになっているうえ、一部のタンクは透明のものが使用されているため、ビールが作られている過程が客席からもバッチリ見えるのです。
お客さん的にはたまらないですね、これは!

07_IMGP0070-500x375
いくつもの本格的な機械を前にしながら、ビールができるまでの手順も詳しく教えていただきます。
まるでビール工場の見学をしているような感じで、なんだかお得な気分になれました。

ホールの仕事をする場合は、お客さんからビールが作られる過程も聞かれることが多いため、やはりしっかりと知識を頭に入れておかなければなりません。
といっても、ビールが好きな人なら興味深いことばかりだと思うので、割とすんなりと覚えられるような気もしますね。
 

ビールを注ぐお仕事に挑戦! 一杯ごとのこだわりが凄すぎる!

08_IMGP0071-500x375
取り扱うビールの種類や作り方についてひと通り教わり、いよいよ次はビールの注ぎ方を教えていただくことになりました。
ビアサーバーからビールを注いだことがあるという方は割といる気がしますが、泡の量をちょうどよく入れるのってなかなか難しいんですよね。
ところがSPRING VALLEY BREWERYでのビールの注ぎ方は、そんな次元で語れるものではありませんでした。

「一杯ごとにここまでこだわるのか!」と驚くことばかりだったのです!

09_IMGP0098-500x375
まずは『496』という種類のビールを注ぐ練習をしましたが、こちらはあえてビールを泡立てず、なおかつ常温のグラスを使用して注ぎます。
これは『496』というビールそのものの味を伝えるのに最も適した注ぎ方を研究した結果とのこと。
ビールもグラスもキンキンに冷やしておけばいいというわけではないんですね!

1 2 3次のページ
タウンワークマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。