ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スッキリ暮らす[4] 小さな家でも「持ちたい物は持つ」、さいとうきいさん

スッキリ暮らす[4] 小さな家でも「持ちたい物は持つ」、さいとうきいさん

都心のスモールスペース暮らしを応援する活動をしている“ライフオーガナイザー”のさいとうきいさん。ライフオーガナイザーとは、空間整理・思考整理のコンサルタントのこと。「好きな物、必要な物など家にある物は多いけれど、工夫して小さな家に暮らしています」と話すさいとうさんに、すっきり暮らすための収納・インテリア術について伺いました。●【連載】モノを減らしてスッキリ暮らす

「2016年こそはすっきりした家で暮らしたい!」「4月の新生活に向けて片づけよう!」——年末や年頭に、そう心に期した人は多いのではないでしょうか? 家がすっきりしない最大の原因は『物が部屋の広さに対して必要以上に多いこと』。自分の物の適正量を知って、余分な物を手放せばよいのですが、「もったいないから捨てられない」となかなか実践が進まないのも実情です。そこでこの連載では、スッキリライフを送っている方々に、物の所有欲から解放された心の変遷や処分の実践方法についてうかがいます。物を減らして「今年こそ!」を実現させましょう。

「小さな家でも”持ちたい物は持つ”暮らしをしています」

ご自身やご家族の仕事の都合でニューヨーク、サンフランシスコ、ホーチミン、横浜、東京などで暮らし、そのほとんどが60m2未満のコンパクトな家だったという、さいとうさん。

「職場へのアクセスや生活利便性を考えて、どの街でも都心の便利な立地を選ぶことが多く、そうすると選択肢は小さな家になるのですが、そうした限られた広さの家でも『持ちたい物は持つ』という暮らしをしています。物があることで家族みんなが楽しい気分になり、暮らしが快適になるのなら、物が多少増えてもかまわないと考えているからです」

現在のお住まいは59m2・1LDK+DEN(「DEN」とはほら穴を意味する言葉で書斎や趣味のための部屋などに使う。さいとうさんのお宅では子ども部屋として使用)のマンション。ご夫婦・お子さんの3人家族と愛犬1匹が暮らす家としては、決して広いわけではありませんが、部屋の広さに合わせて選んだサイズの家具が収まり良く置かれ、すっきりとした居心地の良さを感じさせてくれます。

見えるところはすっきりしていますが、収納内は意外と物が多い、さいとう邸。

例えば、キッチンには包丁8本、まな板5枚、フライパン4つのほか、グリルパン、オーブンプレートまでそろっています。これは料理好きで道具にこだわりがある夫の愛用品。

さいとうさんがキッチンでよく使うのはハンドブレンダー、スライサーやジューサーなどで手早い調理に活躍しています。自動床拭きロボットやズボンプレッサーという便利な物もそろえています。「料理や掃除などの家事は苦手意識があるので、サポートしてくれる道具は積極的に取り入れています」

「狭い家の場合、広さに合わせて少ない物で暮らす必要に迫られることは多々ありますよね。あれこれ工夫してそれを楽しめるのなら良いのですが、我慢することが多いのはよくないのではないかと思います。必要なら物は多く持ってもいいと割り切り、限られた空間を有効に使って、隅々まで手の行き届いた生活をすることが大切なのではないでしょうか」とさいとうさんは話します。【画像1】木の家具で統一感のあるダイニング。ダイニングテーブルは部屋の広さに合わせてサイズをオーダーしました。右側の大きな鏡は部屋に視覚的な広がりを生んでくれます(写真:片山貴博) 【画像1】木の家具で統一感のあるダイニング。ダイニングテーブルは部屋の広さに合わせてサイズをオーダーしました。右側の大きな鏡は部屋に視覚的な広がりを生んでくれます(写真:片山貴博)【画像2】キッチンのカウンタートップに置く物は必要最小限の物だけなので、すっきりしています。収納力のあるシステムキッチンだから、収納内はたくさんの道具類と食器が収まっています(写真:片山貴博) 【画像2】キッチンのカウンタートップに置く物は必要最小限の物だけなので、すっきりしています。収納力のあるシステムキッチンだから、収納内はたくさんの道具類と食器が収まっています(写真:片山貴博)【画像3】ダブルベッド、2人用デスク、書棚、ドレッサー兼チェストが置かれた寝室。家具は多いのに、色数を抑えているのですっきり見えます(写真:片山貴博)

【画像3】ダブルベッド、2人用デスク、書棚、ドレッサー兼チェストが置かれた寝室。家具は多いのに、色数を抑えているのですっきり見えます(写真:片山貴博)

「”1軍”をゆったり8割収納、”2軍”はぎゅっと10割収納」

では、物が多くても部屋をすっきりさせるためには、どうすればいいのでしょうか。

片づけで考えるべき大切な点は「ストレスフリー」ということ。

さいとうさんが所属する日本ライフオーガナイザー協会では、片づけを「3つのS」=「1.ストレスフリー→2.すっきり→3.素敵」に分けて考えるそうです。

必要な物がどこにあるか分からない、何が入っているか分からない収納がある、よく使う物の出し入れがしづらい、といった状態なら、最初にそのストレスを取り除かなければ、いくら「すっきり」片づいた「素敵」なインテリアの家にしても、暮らしが快適にはなりません。物の適正量を見直して、使いやすい動線上に収納することが必要です。

そのため、まずは自分の物の適正量を知ることから始めましょう。

さいとうさんに教えてもらった適正量の見極め方は「何がどこにいくつあるかを把握しているか」で判断すること。把握できない物は適正量オーバー=物に圧倒されているということで、見直しのタイミングです。

「物の適正量は人それぞれで異なります。他人から多いと思われても、自分が物の存在を把握できていればいいわけです」

さらに、物の量が収納スペースの広さに対して過多でないか、出し入れにストレスを感じないかという点も確認します。どう工夫しても収納に収まらない、出し入れするたびにほかの物が邪魔して取り出しづらく、イライラするといった場合は、物の量を見直したいものです。

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy