ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

JEAN ANDRÉ loves bonjour records

bananaFlyer2

 

パリをベースに活躍するグラフィック・アーティスト「ジャン・アンドレ」と、ボンジュール レコードによる カプセル・コレクション をリリース。

彼のユニークなドローイングを、赤・白・青のトリコロールをベースに展開。彼のホームであるフランスへのオマージュが込められたコレクションだ。

同時に発売される最新のアートブック、は、 200点にわたる彼のパーソナル・ドローイングが収められた、ボンジュール レコードのためのエクスクルーシブな作品集。

※2016.4.23(土)より bonjour records各店にて発売。

BOOK SIGNING & LAUNCH PARTY

2016.4.22(金) 19:00-22:00 @bonjour records 代官山 JEAN ANDRÉ 本人を招きOPENING PARTYを開催 。

http://www.bonjour.jp/ 

IMG_3112_reIMG_3116_re IMG_3118_reIMG_3126_re IMG_3134_reIMG_3144_re IMG_3151_reIMG_3154_re

 

IMG_3157_reIMG_3158_re IMG_3159_reIMG_3165_re

 

 

JEAN ANDRÉ

1986年南仏生まれ。現在はパリのモンマルトルでグラフィック・デザイナー、アーティストとして活動。 パリの人気レーベル、「エド・バンガー」のアート・ディレクター。 9区ピガール地区にオープンした話題のホテル「LE PIGALLE」他、さまざまな雑誌やブランドの アートワークを担当しながら、自身の作品を創り続けている。 女性をチャーミングに、かつシンプルに表現するドローイングを、彼は“ジェントルマン・アート”と呼ぶ。 その作風はアメリカのポップアートを代表するアーティストのひとり、トム・ウェッセルマンや、マチス、 そしてリチャード・カーンや1950年代の男性誌などの影響を受け、ミニマルであり写実的。さまざまな プロジェクトを通して、精力的に活躍の場を広げている。

https://hvw8.com/jean-andre/ 

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。