ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3D映画館が目の前に広がる! ヘッドマウントディスプレー『Personal 3D Viewer HMZ-T1』を使ってみた

3D対応ヘッドマウントディスプレー『HMZ-T1』

ソニーは、HD有機ELパネル搭載の3D対応ヘッドマウントディスプレー『Personal 3D Viewer HMZ-T1』を11月11日に発売します。自宅にいながら映画館にいるような3Dと臨場感を楽しめるヘッドマウントディスプレーを実際に体感してみました。価格はオープンで、ソニーストアでの販売予定価格は5万9800円(税込み)となっています。

これなら何を観ていても上司にばれません! きれいなフォルムになっています HDMI出力も可

『HMZ-T1』は、新開発0.7型HD有機ELパネル(1280×720)を搭載した3D対応ヘッドマウントディスプレー。頭に装着するヘッドマウントユニットとプロセッサや入力端子を備えたプロセッサーユニットで構成されています。ヘッドマウントユニットの接続ケーブルを、同梱のプロセッサーユニットに接続し、プロセッサーユニットをHDMIケーブルでブルーレイディスク機器やPlayStation3などの機器に接続することで使用できます。プロセッサーユニットには、テレビと接続するためのHDMI出力があるので、HDMIケーブルをつなぎ替えることなく、テレビと『HMZ-T1』でコンテンツを楽しむことができます。

裏面はこんな感じ 操作も可能

ヘッドマウントユニットはソニー製品ならではの洗練された未来的なデザインになっています。装着した気分は『攻殻機動隊』や『.hack』。重量は420gとそこそこに重いものの、後頭部のバンドの長さを調節し、頭と額でしっかり固定しフィットさせるためか、意外と重みを感じず負担になりません。最初は装着に少し手間取りますが、慣れたらすぐに着脱することができました。本体裏側右目側にコントロールキーで音量調整や再生・停止・早送り・巻き戻しなどの捜査が可能となっているので、映画を観る際の操作も楽々行うことができます。また、頭を傾けたり動かしたりしてもそのまま映像を観る事ができました。

有機ELです

人の最大視野角は約200度といわれ、意識して見ている領域以外の情報も無意識に視野に取り込んでいるそうです。『HMZ-T1』は、映像視聴領域(45度)を超える視野を覆うデザインになっているので、映像に集中することができました。付属のライトシールド(遮光板)を用いることで、下から入ってきてしまう光を遮ることができ、より優れた没入感を生み出すようです。左目用と右目用に2枚の有機ELパネルを搭載し左右それぞれに独立した映像を表示して3Dを実現する『デュアルパネル3D方式』を採用しているので、高コントラストで鮮やかなで豊かな色再現性を備え、速い動きも残像感の少ないなめらかな映像になっています。

未来のディスプレイを君に

左右のスピーカーには、ソニー独自のサラウンド信号処理技術『Virtualphones Technology』を採用しており、音が前や後ろから聞こえるような音場を作りだします。サラウンドモードはスタンダード、シネマ、ゲーム、ミュージックを選ぶことができ、好みやコンテンツに合わせて4つを使い分けるようです。

『Personal 3D Viewer HMZ-T1

3D対応ヘッドマウントディスプレイ『Personal 3D Viewer HMZ-T1』。価格はオープンで、ソニーストアでの販売予定価格は5万9800円(税込み)となっています。一人で、大迫力の映画を観るのに素晴らしいガジェットでした。ただし、周りが見えないので近くに人がいる場面での使用は注意が必要です。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy